ポケモンパン(クロワッサン・蒸しパン)は冷凍保存できる?

ポケモンパンシールが欲しくて買う人も多いポケモンパン。シールの種類が一新されたときはまとめ買いしたい方も多いでしょう。

ですが、まとめ買いした時に困ってくるのがパンの消費です。

シール目的で購入するとしても、パンなので食べて消費しなければなりません。

そこで問題になってくるのが消費期限です。

ポケモンパンの消費期限は短い

ポケモンパンはクロワッサン・蒸しパン問わず菓子パンであるため、消費期限がかなり短いです。

具体的には買った日から1日~2日ぐらいしかないことがほとんどで、消費期限を守るなら買った日から1~2日以内に食べなければなりません。

賞味期限ではないので注意

消費期限は安全に食べられる期間のことで賞味期限は美味しく食べられる期限です。

パンに表示されているのは、安全に食べられる期間を示す消費期限の方で、消費期限を大幅に過ぎたパンはあまり食べるべきではないのです。

同様の理由でパック売りされている生魚や惣菜などは、賞味期限ではなく消費期限がパックに表示されています。

具体的にはいつカビが生え始めてもおかしくない状態になっている危険な可能性があるというものです。

2~3日過ぎた程度なら大丈夫なケースも多いですが、100%安全とはいい切れません。

消費期限切れのパンの目安
  • 1日後:普通に食べられることが多い(スーパーなら奉仕品として割引で売られてることもある)
  • 2〜3日後:普通に食べられるが、味は落ちる(スーパーなら奉仕品として割引で売られてることもある)
  • 4〜5日後:パサパサして食べる気がなくなってくる。危ない感じがしてくる(割引価格でもあまり売られない)
  • 6日〜1週間後:食べるべきではない(売られない)
  • 1週間以上:廃棄したほうがいい(売るわけがない)

ポケモンパンは冷凍して長持ちできる?

ポケモンパンは冷凍できます。

ポケモンパンを含む菓子パンは冷凍保存が効く食べ物であり、すぐに食べきれない量のポケモンパンがあるなら冷凍保存してしまえばいいのです。

スーパーで鶏肉や豚肉を買い貯めてラップやフリーザーパックで包んで冷凍しておくイメージです。

クロワッサン・蒸しパンなどの菓子パンは冷凍保存しても味が落ちにくいため、冷凍保存に適している食材なのです。

冷凍させることで2週間~1ヶ月ほど日持ちさせられるので、まとめ買いしたけど一気に食べられないという状態でも安心です。焼きそばパンも冷凍可能です。

美味しく食べられるのが最大2週間程度(賞味期限)、安全に食べられるのが1ヶ月程度(消費期限)と思っておくといいでしょう。

おまけ:冷凍すべきではないパン

ポケモンパンは当てはまらないですが、冷凍すべきではないパンがあります。

それが、一部の惣菜パンとサンドイッチです。

冷凍保存しないほうが良い惣菜パン・サンドイッチ
  • 水分を多く含む食材のパン
  • じゃがいもの形が残った具を含んだパン(コロッケなど細かく潰されたものはOK)
  • マヨネーズを使ったパン

これらのパンは冷凍保存できるパンとは言えません。

冷凍保存すると長持ちさせることはできますが、解凍したときに味が大きく落ちてしまうのです

特にレタスやきゅうりなど水分を多く含んでいるパンは、解凍したときにパン生地が水分を吸収しすぎて美味しくなくなるので気をつけましょう。

ポケモンパンを冷凍保存する方法

ポケモンパンを実際に冷凍する方法ですが、未開封の場合はそのまま冷凍庫に入れて大丈夫です。

基本的に、菓子パンを冷凍するときはパンをそのまま冷凍庫に入れるのではなく、ラップもしくはフリーザーパックやキッチンパックで包んでから冷凍します。

ですが、未開封ならすでにポケモンパンの袋に包まれているのでそのまま冷凍保存して大丈夫なのです。

先にシールだけ取り出してパンだけ冷凍する場合は、パンを袋から出してラップなどで包んで冷凍するようにしましょう。

カテゴリー:
関連記事