エックスサーバーは独自SSLを無料で使えます!設定方法や他のSSL無料レンタルサーバーも紹介します!

Google が検索順位に反映させると公言したSSL対応。

今ではGoogle Chrome を使ってSSL 非対応のサイトに接続すると、「保護されていない通信」と表示されるようになっています。

それだけならまだ大丈夫と思うかもしれませんが、SSL 非対応のページで何かを入力すると、「保護されていない通信」が赤くなります。

検索順位だけでなく、ブラウザでの表示にも影響が出るようになっているので、SSLを導入するメリット云々を考えるよりも、導入することが必須となっています。

ここではエックスサーバーなど無料で SSL を導入できるサーバーなどを紹介していきます。

SSLを導入するには?

完全に自力でSSL を導入しようと思うと相当苦労しますが、今はとても便利な時代になったもので、利用しているレンタルサーバーの管理画面で数クリックするだけで、SSL を導入することができます。

SSLが必須になったことで無料提供するレンタルサーバーが増えた

昔はSSL を有料で導入することが一般的で、レンタルサーバー契約費用とは別で年間6000~12000円近くかける必要がありました。

それに加えて SSL を利用するには固定 IP アドレスを取得する必要が出てくるので、その費用も別で5000~10000円程度発生します。

つまり、レンタルサーバーが月額1000円で年間12000円だったとしても、SSLと固定 IP アドレス分を合わせて追加で年間11000~22000円かかるという状態でした。

しかし今ではエックスサーバーなどのメジャーなサーバーを中心に、SSL を無料提供するところが増えていき、手軽に SSL を導入できるようになっています。

少なくともエックスサーバーはSSL設定数に関する制限はなく、無制限に SSL を無料で使用することができます。

エックスサーバーでSSLを無料で導入する手順

私が今現在エックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーを使った場合のSSL設定方法を紹介します。

SSL有効化手順
  1. サーバー管理画面から[SSL設定]をクリック
  2. SSL を設定するドメインを選択
  3. [独自 SSL の追加]をクリック
  4. SSL を設定したいドメインを選択した状態で、[独自 SSL 設定を追加する]をクリック

※設定時に[CSR 情報(SSL 証明書申請情報)を入力する]のチェック項目がありますが、この項目はチェックしなくて結構です。

SSL 導入が反映され次第、「https」でアクセスしても警告されずにURL欄に緑の鍵マークがつくようになります。

ドメイン追加時にSSL の設定することも可能

エックスサーバーでドメインを追加する際に[無料独自 SSL を利用する]にチェックを入れることで、何もせずとも SSL を有効化することができます。

ただし、ネームサーバーが反映されてない場合はSSL設定時にエラーが起きてしまうので、その時はネームサーバーの変更が反映されしだい、上記の手順でSSL を有効化することができます。

SSLリダイレクトを有効化する

SSL を導入しただけでは、httpアクセス(SSL 非対応アクセス)も出来る状態です。

理想としては、全てのアクセスを SSL 導入済みのhttpsに切り替えたいところです。

その場合は、サーバー管理画面から編集できる「.htaccess」を触ります。

なお、WordPress を利用する場合は、もう少し先の「WordPress ならもっと簡単です」に従って設定した方が簡単で安全です。

 

それでは、WordPress を使用しない場合でのhttpsアクセスへの強制方法ですが、先ほど紹介した「.htaccess」に以下のテキストを追記して保存します。

※この操作は結構玄人向けなので設定を更新したサイトのアクセスできなくなった場合はすぐにもとに戻して設定し直してください。

これでhttpアクセスしてもURLが勝手にhttpsになった場合は成功です。

WordPress ならもっと簡単です

WordPress にはSSL導入の設定を簡単に行える「Really Simple SSL」というプラグインが存在します。

このプラグインをインストールして有効化したらこのような画面が表示されます。

画像を見たらわかるように、青いボタン[はい、SSL を有効化します]をクリックすることで、httpアクセス(非SSLアクセス)が自動的にリダイレクトされるようになります。

なお、この設定を有効化したら一度再ログインするようにしてください。
そうしないと、「このページを表示する権限がありません」などのよくわからないエラーが起きてしまうことがあるので、再ログインだけしておいてください。

これでエックスサーバーを利用した SSL 設定および WordPress を使用した設定完了です!

SSL無料で高速なレンタルサーバーまとめ

今現在エックスサーバーを利用している方であれば、ここまでの情報で十分ですが、SSL を導入しようと思うと有料のサーバーを使っているか、無料で SSL を導入できるけど操作が複雑 or 設定手数料がかかるというようなサーバーを使っている方向けのレンタルサーバーを3つ紹介します。

私と同じサーバーなら月額1000円のエックスサーバー

エックスサーバーは今現在私が使用しているレンタルサーバーです。

非常に高速で最適化をしたらPage Insightsでモバイル92点を取得できる程度には優れたレンタルサーバーです。

エックスサーバーと最近良く比較されるmixhostは、サーバー障害で一部のユーザーの12月分のデータを消失させてしまったみたいですかエックスサーバーではそのような報告は一切ありません。

そういったことも信頼して使い続けてますね。

エックスサーバーの機能を詳しく見る
エックスサーバー - 公式サイト

メジャなサーバーの一つ! さくらのレンタルサーバー

エックスサーバーと並んで有名なレンタルサーバーの一つが「さくらのレンタルサーバー」です。

さくらのレンタルサーバーでWordPress を運用している方も多く、WordPress を利用できるプランを一番安いもので、エックスサーバーの半額である515円です。

無料期間も114日なので、コスト優先することはこちらのほうがいいかもしれませんね。

さくらのレンタルサーバーのプラン一覧
さくらのレンタルサーバー - 公式サイト

WordPress と相性抜群のレンタルサーバー【Conoha WING】

エックスサーバーと並んでページの表示速度が速いレンタルサーバーです。

実際に Web ページの表示速度を測れるツールで計測しましたが、なかなか良い数値が出ました。

このサーバーは時間単位でサーバー費用を請求する仕組みになっていて、サーバ利用料金は日割りどころか時間割りできるようになっています。

初期費用は無用であり、なおかつ一番安いプランは1時間あたり2円となっていますので、試しに5時間使った場合は10円しか請求されません。うまい棒一本分ですね。

ちなみに学割が有効であり、学生というだけで全プラン10%引きになるので、学生の方はエックスサーバーやさくらのレンタルサーバーなどよりもConoha WINGが一番相性が良いかもしれませんね。

Conoha WINGの学割を見る
Conoha WING - 公式サイト

ここで紹介したレンタルサーバーのうちConoHa WING以外は無料期間が存在するので、その時間を使ってサーバーの使いやすさを試してみると良いですね。

ここまでで紹介したレンタルサーバー
Googleで再検索する
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus