【WordPress初心者向け】固定ページの使い方【基礎~応用】

2 min

WordPressには「固定ページ」という新着記事一覧表示されない記事タイプが用意されています。

記事の書き方は「投稿」とほとんど同じなのですが、固定ページはプライバシーポリシー・お問い合わせページなど、どれだけ経っても重要度が変わらない・新着一覧に表示するべきではない記事の公開で使用します。

また、サイトトップページを固定ページにすることもできるため、ブログにありがちな新着記事一覧以外のコンテンツをトップページにすることも可能です。

固定ページの作成方法

  1. STEP

    固定ページ一覧を開く

  2. STEP

    [新規追加]をクリック

  3. STEP

    いつものように記事を執筆して公開する

固定ページの作成・公開だけであればこれだけで行なえます。

ページ属性

固定ページにはページ属性という設定項目が存在します。

これはテーマごとに用意された固定ページのテンプレートであり、「サイドバーなし・サイドバーあり」といったテンプレートから選択します。

「デフォルトテンプレート」を選択した場合は、通常の投稿と同じフォーマットになります。

もう一つのページ属性「親ページ」。固定ページは「投稿」と違って時系列による順番がありませんが、固定ページの階層を作成することができます。

ただし、固定ページの階層を使いこなすのは初心者にはとても難しいので、固定ページの作り方を今勉強しているというレベルの方は一旦スルーしておくのが賢いでしょう。

プライバシーポリシーは固定ページ作成する

WordPressはプライバシーポリシーページをサポートしています。

プライバシーポリシーページとして設定した固定ページは、固定ページ一覧でラベル付けされます。

プライバシーポリシーを設定すると、ログインページ下部などに必要な箇所に自動的に表示されるようになります。

プライバシーポリシーページの作成についてですが、固定ページ一覧ではなく[設定]->[プライバシー]から行います。

「プライバシーポリシーページを変更する」という項目で選択されている固定ページがWordPressのプライバシーポリシーページとして設定されます。

絶対に設定しなければならないわけではありませんが、設定しておくことをお勧めします。

サイトのトップページを固定ページにする

この記事の前半でも簡単に触れましたが、サイトのトップページに固定ページを表示することも可能です。

仕様上、プライバシーポリシーページとして設定していないことでページが最低でも2ページ必要です。

  • トップページに表示する固定ページ
  • 新着記事一覧表示より使用する固定ページ(本文は空白でOK)

これらを事前に用意しておいてください。

固定ページをサイトのトップページに設定するには[設定]->[表示設定]から行います。

設定ページにアクセスしたら「ホームページの表示」を[固定ページ]に変更します。

「ホームページ」にトップページに表示したい固定ページを。「投稿ページ」には新着記事一覧表示に使用する固定ページを設定します。

設定したら変更を保存してください。変更保存後トップページを確認すると、固定ページになっているはずです。

別で「投稿ページ」に設定した固定ページにアクセスしてみてください。本文がないにもかかわらず新着記事一覧が表示されているはずです。

このようにトップページを自由にカスタマイズすることができるので、新着記事一覧だけでは味気ないという場合は固定ページをトップページに持ってくるといった工夫をするといいでしょう。