WordPressにGoogle Mapを挿入したい!やり方を解説

WordPressプラグイン

地元のグルメなどを紹介するとき、住所なども一緒に紹介しますよね?

そういう時に役立つのがGoogleマップ。

Googleマップを挿入すれば読者が直感的に場所を知ることができるため、記事の品質が格段に上昇します。

ですがどうやって Google マップを埋め込めばいいのか分からないという方もいるでしょう。

WordPress にある程度慣れてきている方であればプラグインを探すと思いますが、実はプラグインを使わない方が簡単だったりします。

今回はプラグインを使わずにグーグルマップを WordPress の記事に埋め込む方法を解説していきます。


グーグルマップをワードプレスに埋め込む方法

プラグインを使う方法であれば「Simple Map」を使う方法が有名ですが、現在は更新されていないほか、プラグインを使わない方法が簡単ですし、「Simple Map」だと地図の位置を細かく調整できないデメリットがあります。

プラグインなしで埋め込む方法
  • STEP1
    Google マップにアクセス
    https://www.google.co.jp/maps/?hl=ja
  • STEP2
    埋め込みたい地図を表示する
    必要に応じて拡大縮小してください。拡大縮小についても埋め込む Google マップに反映されます 。

  • STEP3
    メニューを開く
    グーグルマップ左上のメニューアイコンをクリックしてメニューを開きます。

  • STEP4
    [地図を共有または埋め込む]をクリック

  • STEP5
    埋め込みコードを取得

    [地図を埋め込む]をクリックし、埋め込みコードをコピーします。

  • STEP6
    テキストモードで埋め込みコードを貼り付け

    ビジュアルエディタには貼り付けないでください。

    ビジュアルエディタにそのまま貼り付けると埋め込みコードとして認識されません。

    Gutenbergを使用している場合、直接貼り付けると自動的にテキストモード(HTML入力モード)に切り替えまでそのまま貼り付けましょう。

これでプレビューするとしっかりGoogle マップが埋め込まれています。プラグインなんて必要ありません。

この方法を使えば自分がブログで伝えたいお店の住所などをしっかり伝えることができます。

住所名だけだと具体的な場所をイメージできませんが、地図があると土地勘がある方はすぐに分かるので積極的に活用するようにしましょう。

関連記事
Acceliv