WordPressテーマ自作で役立つ本/書籍・参考になるサイト

WordPress 開発

少しWeb技術を持つ人ならオリジナルサイトを作るべくオリジナルWordPressテーマを作りたい方もいるでしょう。

ですが、それって結構大変です。そこで今回は、WordPressのテーマ自作で必要な知識・スキルや役立つ書籍・参考サイトなどを紹介していきます。

WordPressテーマの自作で必要な知識

 
HTMLページ構造設計で必須
 
CSSレイアウト&デザイン設定で必須
 
JavaScript動的処理に必須
 
PHPWordPressのサーバー側の処理で必須

 

HTML

HTMLは、Webページの構造を決定するために必要不可欠な言語です。ほかの言語をわかっていてもHTMLを理解していなければWordPressテーマを開発することができません

WordPress学習で役立つHTML入門書まとめ【おすすめ4冊】
WordPressのテーマをコードレベルでカスタマイズしたい。そういう時はHTMLの知識が必要不可欠です。 HTML知識があればテーマをカスタマイズするときだけでなく、記事執筆でも役立ちます。 HTMLはWordPressの...

CSS

CSSはレイアウト・デザインで必要な知識です。

CSSを使わないと、このような殺風景なサイトしか作れません。

デザインがぐちゃぐちゃで見るに耐えませんね。

ですが、CSSを利用することで、このようなグラフィカルなサイトを作ることが出来るのです

このようなデザインを自由にできるようになるにはCSSの知識が必要不可欠です。

JavaScript

JavaScriptは、サイトの独自機能の実装などで必要です。

  • スクロールをアニメーションさせる
  • 自動スクロールするギャラリー機能を作成する
  • 管理画面でデータを保存する処理

などなど、様々な場面でJavaScriptが使われます。

特に、テーマに独自機能をもたせる場合はJavaScriptが必須と言っても過言ではありません。

PHP

PHPはWordPressのサーバー側での処理を行うのに必要不可欠です。

  • 記事一覧の表示
  • 記事の表示
  • カテゴリー・タグページの生成

などなど、ページ生成処理はすべてPHPが絡んできます。

PHPの知識無しでWordPressテーマ開発をするというのは無謀どころか不可能ですので、必ずPHPの基本は抑えておきましょう。

WordPressテーマ自作で役立つ書籍

それでは早速WordPressテーマの自作に役立つ書籍を見ていきましょう。

 
1位テーマ自作が初めてならコレ!グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)

 

 
2位テーマに独自機能を入れたいから向けサイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル
 
3位Web開発経験がある方向けエンジニアのためのWordPress開発入門

グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)

初めてWordPressのテーマを開発ならこちらがおすすめです。Gutenbergにも対応しているので、バージョン違いで参考にならないということがありません。

さらに入門者向けに書かれているので、PHP初心者でも安心です。

Kindle Unlimited対応書籍であるため、Kindle Unlimited加入者は無料で読めます。今までKindle Unlimitedを使ったことがない方は30日感の無料期間を与えられるので、その無料期間を使えば完全無料でテーマ自作の方法をこの書籍で学べます。

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

書籍タイトルはプラグイン開発のためのバイブル(参考書)となっていますが、独自の追加機能開発に役立つ内容になっているため、テーマに独自機能を加えて行きたい際に重宝します。

テーマ専用の設定ページの作成方法や様々なAPIの使用方法などわかりやすく解説されています。

エンジニアのためのWordPress開発入門

PHPなどのWeb開発におけるプログラミング経験がある方は、エンジニア向けに書かれた書籍のほうが効率よく読み進められます。

今までプログラミング経験が一切ない方だと挫折するレベルのものですが、Web開発経験がある方だと入門書の内容はWebで調べて知っている内容ばかりだった、ということがよくあります。

この書籍はインターネットでは簡単に見つからないようなより深い内容が詰まっているので、本格的なテーマを開発していきたい方におすすめです。

WordPressテーマ開発で役立つ参考サイト

Qiita – WordPressトピック

Qiitaはエンジニアたちが集うキュレーションサイトです。QiitaのWordPressトピックを除くと様々な情報があるので、テーマ開発でも役立つでしょう。

検索する際は「WordPress テーマ 自作」のようにできるだけ絞り込んで検索することをおすすめします。

でないと初心者にとって高度な技術情報ばかりでてきて参考になりません。

>>Qiita – WordPressトピック

WordPress サイトデザイン リファレンス

WordPress公式ドキュメントのサイトデザインに特化したリファレンスサイトです。

このサイトを見ればテーマの作成方法やテーマ作成で必要不可欠な関数の使い方などがわかるようになっています。

>>WordPress サイトデザイン リファレンス

関数リファレンス – WordPress Codex 日本語版

WordPress専用の便利な関数がたくさん用意されています。そういった関数をすべてまとめてくれているのがWordPress公式ドキュメントこと「WordPress Codex」です。

いわゆるWordPressに特化した関数リファレンスですので、PHPの書き方がわかっている方ならかなり参考になるはずです。

>>関数リファレンス – WordPress Codex 日本語版

WordPress最小構成テンプレートを使うのがオススメ

WordPressテーマを自作するといっても、functions.phpやindex.phpなどある程度ファイル構成が決まっています。

そういったものまで一から全部用意するのは面倒かつ、そこでコケたら先に進めません。

ですので、独自機能を一切持たないテーマ開発用ブランクテーマ「Bones」がおすすめです。

  • モバイル対応用ファイル準備済み
  • 独自機能なし
  • 無料

このテーマをベースにオリジナルテーマを自作するといいでしょう。

>>Bones – WordPressテーマ

Acceliv