【Windows10】デスクトップ上のゴミ箱を消す・再表示する方法

使わないショートカットをデスクトップから削除していると、ゴミ箱を削除できないことに気づくでしょう。

ゴミ箱は少し特殊なショートカットであり、ゴミ箱を空にする項目はあってもゴミ箱のショートカットを削除する項目は用意されていません。

ゴミ箱ののショートカットを削除したい場合は、Windows10の設定から行う必要があります。

ゴミ箱のショートカットを削除する方法

スタートメニューをクリックして設定を開きましょう。

設定を開いたら[個人用設定]を選択します。

左メニューの[テーマ]を選択。

一番下までスクロールして「関連設定」の[デスクトップアイコンの設定]をクリックします。

「デスクトップアイコン」の[ゴミ箱]にチェックを外して[適用]をクリックします。

するとデスクトップからゴミ箱のショートカットが削除されます。

ショートカットを元に戻したい場合は、デスクトップアイコンの設定画面でゴミ箱に再度チェックを入れたらいいだけです。

カテゴリー: