【Windows10】頻繁に使用するソフトウェアはタスクバーに固定表示しておこう

Windows10 基本

Windows 10を使っていると、頻繁に使用するソフトウェアがだんだん固定化されてくるはずです。

そのためによく使用するソフトウェアはタスクバーにピン留めしていつでもワンクリックで起動できるようにしておくのがベストです。

わざわざスタートメニューを開いてソフトウェアを探し出して起動する必要はありませんし、起動中にタスクバーに常駐するアイコンの位置も固定化されるので、ウィンドウの最小化・最大化でアイコンの位置を見失ったりクリックし間違えることもありません。

今回は、ソフトウェアをタスクバーにピン留めする(固定表示する)方法を紹介します。

タスクバーにピン留めする2つの方法

タスクバーにソフトウェアをピン留めする方法は大きく分けて二つあります。

  • スタートメニューからピン留めする
  • ソフトウェアを実行中にタスクバーに表示されているアイコンを使ってピン留めする

ソフトウェアを実行中にタスクバーに表示されているアイコンを使ってピン留めする

タスクバーにピン留めしているかどうかにかかわらず、ソフトウェアを起動してウィンドウを表示している間は、必ずタスクバーにそのソフトウェアのアイコンが表示されています

このアイコンを右クリックしましょう。

 

右クリックすると様々な項目が表示されますが、下の方に[タスクバーにピン留めする]があるのでそれをクリックします。

これでタスクバーに固定表示されました。試しにバツボタンを押してウィンドウを閉じてみてください。ウィンドウを閉じたにも関わらずタスクバーにアイコンが残り続けているはずです。

これでタスクバーに固定表示したソフトウェアをワンクリックでいつでも起動できるようになりました。

スタートメニューからピン留めする

先ほど紹介した方法だと、タスクバーにピン留めするために一度ソフトウェアを起動しなければなりません。

ソフトウェア起動せずにタスクバーにピン留めしたい場合は、スタートメニューから行います。スタートメニューを開くとインストール済みソフトウェアが一覧表示されます。

 

この中からタスクバーにピン留めしたいソフトウェアを右クリックしてください。普通にクリックすると起動してしまうので間違えないようにしましょう。

[その他]->[タスクバーにピン留めする]をクリックします。これで選択したソフトをタスクバーにピン留めして固定表示できます。

一つ注意点として、[スタートにピン留めする]は別物ですので間違えてクリックしないようにしましょう。スタートにピン留めした場合はスタートメニューのタイルに表示されるだけです。

タスクバーにピン留めしたアイコンの並び替え

アイコンの並び替えは、アイコンをクリックし続けてドラッグすることで順番を並び替えられます。

簡単ですので覚えておきましょう。

Acceliv