Windows10で省電力設定を有効化する方法

Windows10にはパソコンの消費電力を抑える省電力設定が用意されています。省電力設定を有効化することでパソコン利用時に発生する電気代を節約することが出来ます。

ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせたい方や少しでも電気代を節約したいという方は省電力設定を有効化していきましょう。

省電力設定を有効化する方法

  1. STEP

    Windows10の設定を開く

    設定を開いたら[システム]を選択します。

  2. STEP

    電源設定を開く

    左メニューの[電源とスリープ]を選択

    「関連設定」の[電源の追加設定]をクリック

  3. STEP

    省電力設定を有効化する

    [追加プランの表示]をクリックして省電力設定を表示します。

    そのまま[省電力]をクリック

    これで省電力設定が有効化されます。

自動的にパソコンの消費電力を下げる設定にカスタマイズされるので、電気代を節約したい方は省電力設定を有効化しておきましょう。

カテゴリー: