【Windows10】休止状態にする項目を表示する(コマンド不要)

Windows10 基本

最新のWindows10にはシャットダウンの項目から休止状態が削除されています。

そのためシャットダウン・再起動・スリープの中からしか選ぶことができず、休止状態を多用していた方にとってはちょっと不便なはずです。

ですが、実は休止状態の項目が削除されたのではなく非表示になっているだけで、休止状態機能自体は削除されていません。

今回は、休止状態の項目を復活させて使えるようにする方法を紹介します。


休止状態の項目を復活させる

休止状態の項目を復活させるのはかんたんです。

まずはスタートメニューを右クリックして表示されるメニューから[電源オプション]を選択してください。

 

「関連設定」の[電源の追加設定]をクリックします。

 

左メニューの[電源ボタンの動作を選択する]をクリック

 

[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリック。

これで「シャットダウン設定」を編集することができます。

「シャットダウン設定」の[休止状態]にチェックを入れて、[変更の保存]をクリック

変更を保存したらスタートメニューのシャットダウンメニューを開いてみてください。[休止状態]が追加されているはずです。

これでいつでも休止状態にできるようになるので、スリープやシャットダウンではなくて休止状態を使うことが多い方は表示させておくと良いでしょう。

Acceliv