【Windows10】ダークモードにして消費電力や目の負担を抑える方法

1 min

Windows10にはダークモードという外観設定が用意されています。

ダークモードに切り替えることで様々なソフトウェアの外観をダークモードに切り替えることが出来るため、目の負担を和らげることができます。

黒がメインカラーになるためブルーライトによる目のダメージも抑えられるため、ブルーライトカットソフトやメガネなどを使わずに目に優しい環境を作り出せます。

今回はWindows10をダークモードに切り替える設定方法について紹介します。

ダークモードに切り替える方法

Windows10をダークモードに切り替えるには個人用設定から行います。まずは個人用設定を開きましょう。

左メニューの[色]を選択

「色を選択する」を[黒]にします。

数秒画面が固まった後にダークモードに切り替わります。

ダークモード対応のソフトウェアでは、Windows10の色設定に合わせて自動的にダークモードに切り替わります。

目に優しいだけではなく省電力効果もあるので、ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせたいときにも役立つでしょう。

指定した時間だけダークモードにする

目が悪くなりにくいように夜間だけダークモードに自動的に切り替えて、昼はライトモードで使いたいという方もいるでしょう。

残念ながら Windows 10には自動的にダークモードとライトモードを切り替える機能は用意されていません。自動的に切り替えたい場合はAuto Dark Modeというフリーソフトを使用します。

Auto Dark Modeを使えば分単位で指定した時間帯だけダークモードに自動で切り替えることが可能です。ライトモードとダークモードを自動的に切り替えたい場合は以下の記事を参考にしてください。