Classic Editorプラグインを使わずにGutenbergを無効化する方法

WordPress 基本

最新WordPressでは標準搭載されている投稿エディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」

これからWordPressを初める初心者の方にとってはとても便利なブロックエディターですが、あくまで初心者だったらの話です。

  • HTMLをある程度理解している
  • ビジュアルエディタのショートカットキーを使いこなしている

といった方はGutenbergとの相性がびっくりするほど悪いです。私もその一人。

そこで、Gutenbergを無効化するためにClassic Editorプラグインを利用することが多いのですが、できればプラグインをこれ以上増やしたくないという方もいますよね?

そこで今回は、Classic Editorプラグインを使わずにGutenbergを無効化して従来の投稿エディタ(クラシックエディタ)に戻すやり方を紹介します。

Gutenbergの無効化は「TinyMCE Advanced」でもできる

あまり知られてはいませんが、実はTinyMCE AdvancedでもGutenbergを無効化することができます。

無効化する手順
  • STEP1
    [設定]->[TinyMCE Advanced]を開く

  • STEP2
    [ブロックエディターをクラシックエディターに置き換える]にチェックを入れる
    少し下の方に「上級者向け設定」があります。 [ブロックエディターをクラシックエディターに置き換える]にチェックを入れましょう

  • END
    Gutenbergが無効化される

再度Gutenbergを有効化する場合は先ほどは成功した項目のチェックを外してください。

TinyMCE

Advancedは必須級プラグインで誰でも入れてるはずです。この方法を知っていたらGutenberg無効化のためだけにプラグインを増やす必要はなくなるでしょう。

一切プラグインを使わない方法

Classic Editor・TinyMCE Advancedに一切頼らずGutenbergを無効化する方法もあります。

やり方は簡単で、使用中テーマのfunctions.phpの末尾に以下のコードを貼り付けるだけです

add_filter( 'use_block_editor_for_post', '__return_false' );

Classic EditorやTinyMCEプラグインは、このコードによるGutenbergの有効・無効をWordPress管理画面から変更できるようにしているだけなのです。

functions.phpに記述する都合上、使用中テーマを変更するとこのコードによるGutenberg無効化が機能しなくなる(読み込まれるfunctions.phpが変わるため)ので注意してください。

ピックアップ
Acceliv