Unityをイチから学ぶのに最適な初心者向け入門書

Unity

ハイクオリティなゲームを効率よく階段することができるゲームエンジン「Unity」。

これまでゲーム開発と言うとDirectXなど決して低くない難易度のAPIなどを使用しなければならず、開発コストが非常に高かったですが、Unityを使うことでそういった技術を身につけることなくゲームを開発できます。

また、開発したゲームはマルチプラットフォーム対応でゲーム機やデバイスごとに開発し直さなければならない手間もないため、開発現場では重宝されています。

開発現場で実際に使われているようにUnityエンジニアは需要があり、将来ゲームプログラマになるためにUnityを学ぶのは良い選択肢の一つです。

そこで、初めてUnityを勉強する方向けにオススメの入門書を何冊か紹介します。

Unity入門書を選ぶ際の注意点

広く浅く学べる入門書を選ぶ

Unityの入門書といっても様々な種類があります。

  • Unityの基本を広く浅く学べる入門書
  • サウンドに特化したUnity入門書
  • VR特化のUnity入門書

Unityを初めて勉強する方がこの中で選ぶべき入門書は「Unityの基本を広く浅く学べる入門書」です。

何かすらに特化している入門書は「特化している内容に関する入門書であって、Unityの基礎をまんべんなく学べる本ではない」という特徴を持っていますので、注意が必要です。

そういった入門書はUnityの基本を広く浅くでも良いので理解してから手を出すものですので、はじめはUnityの基本を学べる入門書を購入するようにしてくださいね。

このページの後半でも広く浅く学べる入門書を紹介しています。

2D特化入門書にも注意

Unityは2D・3Dどちらのゲームも開発することができます。ですが、2D・3Dそれぞれ違った知識が必要になるため、中には2Dのみに特化したUnity入門書が存在します。

2Dゲーム開発を学びたいのであれば2D特化の入門書はとてもお勧めできるのですが、3Dゲーム開発も学びたい場合は注意しなければなりません。

入門書だったら何でもいいと思って手に取ってみたら2Dのことばかりで3Dに関することが全然解説されてなかったということがあります。

2D・3D両方学びたい場合は、書籍タイトルに2D・3D両方のキーワードが入っている入門書を手に取るようにしてくださいね。

これから初めるUnity初心者におすすめの入門書

作って学べる Unity本格入門

技術評論社

とりあえず右も左も分からないから基礎をゆっくり確実に身につけていきたいというのであればこちらの一冊がベストです。

ページ数も少なすぎず多すぎずと挫折したり飽きてしまうことがないちょうどいいボリュームとなっており、とても読み進めやすいです。

  • 玉転がしゲーム
  • ピンボールゲーム
  • キャラクターゲーム
  • シューティングゲーム

この4つのゲームを作りながらUnityの基本操作を学んでいくので、Unityの基本操作と共にゲームプログラミングの基礎も同時に学ぶことが可能です。

Unity 3D/2Dゲーム開発実践入門 Unity 2019対応版

ソシム

より実用的で本格的なUnityの使い方を入門書一冊で出来る限り身につけたいのであれば、こちらがいいでしょう。

ゲームを開発するといってもやみくもにリソースを投入してハイクオリティなゲームを作れるわけではありません。

この入門書はUnityの基礎とともにゲーム作りで大切なテクニックや考え方も合わせて解説されているので、Unityを使わないゲーム開発でも応用することができます。

いざ開発するとなると難易度が高く悩ましい「スマートフォン毎の解像度問題」も解説してくれているので、この入門書一冊だけで相当なゲーム開発スキルが身につくはずです。

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

スマホゲームはUnityで作られていることが結構多いです。自分でもスマホゲームを作ってみたいという方も多いでしょう。

そういう場合はこちらの入門書がおすすめです。Unityの使い方からゲーム開発で役立つテクニック・TIPSなども要所要所で触れられており、実際のゲーム開発で役立つノウハウも習得できます。

 

マシンスペックや画面の大きさ解像度がバラバラなスマートフォンで動作するゲーム開発スキルがあれば、パソコンゲーム開発でも十分応用できるので、浅く広く学ぶと言ってもまずはスマホゲーム開発ノウハウを身に付けるのも良いでしょう。

一番のおすすめ:Unity 3D/2Dゲーム開発実践入門 Unity 2019対応版

初めてで寝て学ぶ方に一番お勧めするとしたら「Unity 3D/2Dゲーム開発実践入門 Unity 2019対応版」でしょう。

最新バージョンのUnityに対応しており、実用レベルのゲーム開発テクニックも一緒に学ぶことができるので、Unity以外の場でも役に立つメリットがあります。

  • 2D・3DCG
  • 物理エンジン
  • アニメーション
  • エフェクト
  • サウンド
  • GUI

などなど。ゲーム開発で欠かせないノウハウが網羅されているので、まずはこの入門書をベースにUnityを触ってみると良いでしょう。

バージョンアップに伴う機能追加で複雑化してしまった部分も詳しく解説してくれているので、購入した入門書が取り扱っているUnityのバージョンが古すぎてどこのメニューを触ればいいのかわからないということもなくなっています。

Unity入門書選びで迷ったらこちら入門書を読んでみてくださいね。

Acceliv