【Windows10】タスクバーの時計の表示・非表示を切り替える

未分類

Windows 10のタスクバーの日付・時計を表示・非表示切り替える方法を解説します。

タスクバーに表示される日付や時計は横に長いため、タスクバーに常駐させているソフトウェアが多いと邪魔になってしまうことがあります。

RainmeterやWallpaper Engineなどのユーティリティツールを利用して時計を表示させている方もタスクバーの時計表示は不要でしょう。

タスクバーの時計表示を切り替える方法

Windows 10の設定から簡単に切り替えできます。

まずはWindows10の設定を開いてください。

 

設定一覧から[個人用設定]を選択します。

 

続けて左メニューの[タスクバー]を選択しましょう。

 

少し下にスクロールして[システムアイコンのオン/オフの切り替え]をクリック。

 

タスクバーに表示できるシステムアイコンの表示設定が一覧表示されます。[時計]の切り替えボタンをクリックしてオフにしましょう。

 

するとタスクバーから時計の表示が消えたはずです。

 

再表示したい場合は、先ほどオフにした項目をすることで表示できます。他のシステムアイコンも同様の手順で表示の有無を切り替えられるので、不要なアイコンを非表示にしてしまいましょう。

Acceliv