WordPress管理画面だけhttps…フロントページでも常時https化するには?

WordPress 基本

SSLを導入したのに、なぜかhttpアクセスになって「保護されていません」と警告されることがあります。

  • 管理画面にアクセスしたときはhttpsだったが、トップページや記事にアクセスしたらhttpになった
  • 【保護されていない通信】が表示されたまま

この場合、SSL用の適切な設定をされていない可能性が高く、設定を変更しないとSSLを導入した意味が薄れてしまいます。

といっても見るべきポイントと設定は簡単ですので、初心者でもできるはずです。

サイトアドレスが「http://~」になっていることが原因

WordPress管理画面・ダッシュボードを開いている間はhttps接続になっているけど、トップページや記事ページにアクセスしたらhttp接続になる場合、サイトアドレス設定がいいです。

サイトアドレスはデフォルトだと「http://」から始まるURLになっており、リンクが「http://」から始まるようになってしまっているのです。

サイトアドレスの変更方法

サイトアドレスはWordPressダッシュボードの[設定]->[一般]から変更可能です。

 

設定ページを開いたら、「サイトアドレス(URL)」を確認してください。URLが”http://”から始まっているはずです。

 

これが原因で、トップページなどの公開ページにアクセスしたら非SSLページを開いてしまうのです。

このサイトアドレスの先頭を”http://”から”https://”に変更して保存しましょう。

これで、ダッシュボードから記事やトップページにアクセスしてみてください。

「保護されていない通信」が表示されない”https://”から始まるページになっているはずです。

「http://~」を全て「https://~」にリダイレクトさせるには?

サイトアドレスを変更してhttpsアクセスできるようにしても、httpアクセスは可能です。

この状態だとせっかくSSLに対応しているのに非SSLページにアクセスしてしまうユーザーがでてくるかも知れません。

そうならないために、httpから始まるURLへのアクセスを検出したら自動的にhttpsから始まるURLのページに移動させる(リダイレクト)必要があります。

リダイレクトによる常時SSL化はWordPressならプラグイン一つで行えるので、やっておきましょう。

WordPress【プラグイン】ワンクリックで常時SSL対応!【簡単】
今ではSSLを利用するのが一般的で、SSLを使っていないサイトでは「保護されていません」と表示されて、サイトにアクセスしてきたユーザーを不安にさせてしまいます。 そうならないためにSSLを導入したものの、「http://」と「http...
関連記事
Acceliv