通帳を持ち歩く際はスキミングに注意

セキュリティ

銀行・ATMから現金をいつでも引き出せるようにキャッシュカードを持ち歩いていますよね。

毎日持ち歩くことはなくても、給料日などどこかしらのタイミングでキャッシュカードを持つことがあるはずです。

そんなとき、通帳を落としてしまったり盗まれたりしないよう細心の注意を払ってる方も多いでしょう。

ですが、絶対腹に離さず持っていたにも関わらず、キャッシュカード情報を悪用されて不正に口座から現金を引き出されてしまうスキミングについて知っているでしょうか?


スキミングとは

スキミングとは、キャッシュカードやクレジットカードの情報を盗み取って不正出金や不正決済を行う犯罪行為です。

狭い意味では、専用のスキミング機器でカード情報を盗むことをいいますが、覗き見などでカード情報を盗み取る行為もスキミングと言われます。

スキミングは様々な方法で行われるため、スキミングとはいったいどういうものなのか、どうすれば対策できるのか知っておかないとスキミング被害に遭うかもしれません。

スキミングの恐ろしさ

スキミングの恐ろしいところは、キャッシュカードそのものが盗まれるわけではないため、気付くのがかなり遅れてしまうということです。

スキミングで不正に口座から引き出されたことに気づけるのは、ATM利用時やネットバンキングで残高を確認した時です。

問題が発覚するのにかなり遅れてしまうため、いつどこで何が原因で不正に現金を引き出されたのかがわからずトラブルに対処しづらいという恐ろしさがあります。

不正出金の事実説明がしにくい

銀行口座残高を不正資金されても預金者保護法という法律によって被害額を補償してくれます。

ですが、補償を受けるために被害状況などを説明しなければならないのですが、スキミングだと憶測でしか話すことができないため、うまく説明することがとても難しいです。

説明が下手すぎて利用者に過失があったのではないかという疑いをかけられてしまうと、補償金額を減額されてしまう可能性があるので、返ってくるはずのお金が返ってこなかったということになりかねません。

どうやってスキミングされるのか?

スキミングとは、簡単に言うとキャッシュカードのカード番号や暗証番号などの情報を盗む行為です。

つまり、情報さえ盗めれば手段は問わないため、いろんな手段でスキミングが行われています。

そこで、どういう流れでスキミング被害に遭うのか解説します。

後ろから覗き見られる

一番シンプルなスキミングです。

ATMで操作しているときに後ろから覗き見られてカード情報や暗証番号が盗まれてしまうことがあります。

特に暗証番号は4桁しかなく、後ろから覗き見ることさえできれば簡単に覚えられてしまうため、できるだけ暗証番号を入力しているときの手元は身体で覆い隠すようにしましょう。

ICカードスキャナーを使われる

不正に設置されれたICカードスキャナー・磁気カードスキャナーでカード情報を根こそぎ盗まれてしまうこともあります。

そのため、後ろに人がいない、カメラも設置されていない状況下でも、ICカードスキャナーでカードスキャナーに通してしまったらカード情報が漏れてしまいます。

銀行関係者を名乗ってカード情報を聞き出す

「あなたの銀行口座が不正利用された形跡があります」というように、身に覚えのないことを銀行関係者や警察関係者を名乗る方から急に電話がかかってきて、カード情報を聞き出すパターンもあります。

カード番号だけで不正出金されてしまうことも

銀行口座からの出金は必ず4桁の暗証番号が必要なので、カード番号だけで出金することはできません。

そのため、口座番号だけなら教えても問題ありません。でないと給料の振り込みなどもできませんからね

ですので、暗証番号さえ守れば大丈夫と思う方もいるでしょう。

ですが、推測されやすい番号を暗証番号に設定していた場合は、暗証番号を特定されて出勤されてしまう可能性があります。

推測されやすい番号の主な例は、

  • 生年月日
  • 電話番号の一部
  • 自動車のナンバー

などです。

このような少し調べればわかるような自分の個人情報と結びつくような番号は避けてください。

スキミング対策をする方法

スキミングが怖いけど、具体的に何をすれば退職できるのかわからないという方向けに、簡単にできる対策方法を紹介します。

スキミング防止カードケースを使う

ICカードスキャナーなどによるスキミングを防止できるスキミングカードケースがあります。

こういうものですね。

こういったカードケースを使うことでカード番号を見られないことはもちろんのこと、スキャナーで解析される心配もありません。

カードケース本体もとても安く、1枚あたり数十円ですので、1セット分用意しておくことをおすすめします。

カード番号や暗証番号を効いてくる電話は即無視する

警察関係者や銀行関係者で急を要する案件だったとしても、カード番号や暗証番号を聞いてくることはありません。

詐欺師は言葉巧みにカード番号や暗証番号を聞き出そうとしてきますが、相手にするだけ時間の無駄であるほか言いくるめられてしまいかねません。

急にかかってきた電話でカード番号や暗証番号を教えてくださいと言われたらすぐに電話を切るようにしましょう。相手にするだけ通話料と時間が無駄になるだけです。

キャッシュカードを使う際は気をつけよう

自分は大丈夫だろうと思っていると、忘れた頃にスキミング被害に遭うかもしれません。

キャッシュカードを使う時以外は持ち歩かないという方法もありますが、そうするといざ外出時に現金が必要になった時に困ってしまいます。

ですので、キャッシュカードを持ち歩きながらもスキミング対策ができるカードケースなどを利用するようにしてください

Acceliv