副業デザイナーがクラウドソーシングで直接仕事を依頼されるようになるにはどうするべきか?

副業

デザイン系の仕事をしている方は、仕事量がそのまま収入に直結するので、副業でもデザイナーとして活動しようと思ってる方はいると思います。

もしくはすでにしていますよね?

有名なデザイナーの仕事がポンポンとやってきますが、そんな人はごく一部でほとんどの人は無名でなかなか仕事が来ない、仕事を取りに行っても全然相手にしてもらえない、なんてことがよくあると思います。

そりゃあ真っ正面から勝負を仕掛けていたら、取れる仕事も取れないもんですよ。他にもっとすごい人がいたらそっちが採用されちゃうんですから。

じゃあどうすればいいかっていう話ですよね。

デザイン系はSNSとものすごく相性が良い

うまく仕事を取れるようにしたいならSNSで作品を公開しまくるということです。

つまり、TwitterやPixivアカウントそのものをポートフォリオにしちゃおうということです。

認知度が上がれば上がるほど仕事のスカウトが来る可能性が高まります

有名なデザイナーやイラストレーターさんを分析してみてください。みんなTwitter や Pixiv など、誰でも見れるところで自分の作品を無料で公開していますよね。

そういった作品は、知名度によって差はあれどリツイート・いいねがされて拡散されているはずです。

そしてそういう方たちに限って、「お仕事の依頼はこちら→メールアドレス or ホームページ」というように着いているはずです。

つまり、遊びとして使っている Twitter や Pixiv も仕事を取るための手段として有効活用しているわけなのです。

たくさん拡散されるとビジネスの方の目に留まる可能性も高まり、その結果仕事が舞い降りてくるチャンスが増加するのです

作った作品にウォーターマークやサインを入れて無料公開する

これまでTwitter や Pixiv に作品を投稿していないのであれば、これからどんどん投稿して少しずつ知名度を作っていくようにしましょう。

その際、ウォーターマークやサインを入れておくと無断転載されたときに誰が書いたものなのかわかるので必ず入れておきましょう。

ウォーターマークはなりすましによる転載対策にもなります。作品のシェアは、全てが全て善意で行われるものではないので、簡単なサインだけでも入れておくと対策になります。

クオリティの高い作品ほど転載・シェアされる可能性が高いですが、結果的に広告や宣伝をセずとも勝手に作品の認知度が上がっていくのです。

「インターネット上に出回ったものは一生消えない」という言葉があるように、一度公開した作品は無断転載される前提で、プラスに働く対策をとると良いでしょう。

投稿する作品はラフでも失敗作でも何でもいい

投稿する作品は別にクオリティの高いものだけじゃなくて構いません。

むしろラフや失敗作などもあった方がいいです。

ラフや失敗作があると、その方がどのように作品を作っているのかなんとなくわかるようになるので、ポートフォリオの価値が上がるのです。

仕事応募用のポートフォリオと大きく違うところです。

ラフや失敗作を投稿するようにすると、同じデザイナーやイラストレーターの方と共感・繋がりを持てたりするので、作品作りのモチベーションも維持できるようになります。

知名度が上がると、当然ながら仕事を依頼される可能性もぐんと上がりますので、デザイナーとして成功しやすくもなるのです。

副業デザイナーが仕事を依頼される(スカウト)2つの方法

クラウドソーシングで活動して知名度を上げる

一つ目の方法は、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングで活動して、実績を作り知名度を上げることです。

クラウドソーシングでは、ロゴやバナーの作成からキャラクターのデザインなど様々な仕事がほぼ常にあります。

クラウドソーシングでよくある仕事
  • 企業ロゴのコンペ
  • サイトロゴのコンペ・スカウト
  • Live2Dを使ったデザイン
  • Vtuberモデルの制作
  • 広告デザイン

ほとんどの仕事はポートフォリオがあれば応募しやすいほか、万が一胸を張って出せるポートフォリオが無い方でも、コンペ形式ならポートフォリオなしで応募できるので、結構おすすめです。

時間に縛られず自由にできるというのも大きな利点ですね。

デザイン系の仕事を受けられるクラウドソーシングサービス

ココナラは価格崩壊が起きているのでやめておこう

ココナラという自由に自分の仕事を売ることができるサービスがあるのですが、価格設定がよくわからない初心者が集まりすぎたために価格崩壊が起きています。

この前見たときは、「イラスト1枚500円で受け付けます!」というものを見ましたね…

ですので、少なくとも直接依頼が来ない無名なうちは使わないほうが良いかもしれません。

気になる方は一度チェックしてみてください

>>ココナラ – 公式サイト

SNSやブログなどで発信して他のデザイナーと繋がったりする

普段からTwitter などのSNSをしているのであれば、ほかのデザイナーさんとコレクションを作るでも一つの手です。

もしかすると、繋がったデザイナーさんが持つコネクションで新しい仕事が来たりすることもあります。
ですので、クリエイティブ職であるデザイナーは積極的に SNS を活用しましょう。

文章を書くことが好きならばブログで発信するのも一つの手ですね。

イラスト系ならTwitter上の「深夜の真剣お絵かき60分一本勝負」に積極的に参加しよう

Twitterをやっていることなら知ってるかもしれません。
Twitterでは有志が毎晩「深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」という企画を行っていて参加自由です。

>>Twitter – #深夜の真剣お絵かき60分一本勝負

ここでは様々なイラストレーターやデザイナーさんが集結するので、いろんな方の目につきやすいです。

テーマは開始時間に発表されて、そこから60分以内にイラストを描きあげるというものです。

時間がかかる人は、色をつけている最中で時間切れになってしまったり、そもそもラフと完成しないという人も投稿しているので、かなり気軽に参加できますよ。

メイキング映像もたまにあるので、お金を出すレベルのものがたくさんあります。

知名度アップにも実力アップにもつながりますので、是非参加して挑戦してみましょう。

真正面から応募するより実績(ポートフォリオ)でゴリ押しするのもオススメ

「あっ文句なし、採用ね」

これができたらラクですよね。

そのためにはたくさん作品を作ってたくさん公開して、たくさん実績(ポートフォリオ)を作ることが一番です。

ですので、どんな形でもいいので作品を公開してポートフォリオを強化するようにしましょう!

とにかくデザイン力を磨きたいのであれば、以下の一冊を読んでおくと面白いと思いますよ。

Acceliv