AstrillVPNは中国で規制されて使えないので使用しないように!

  • 2018.10.30
  • Update 2018.10.31
  • VPN
AstrillVPNは中国で規制されて使えないので使用しないように!

中国に旅行に行く際に気になることがそれはやはりインターネットでしょう。

中国でもインターネットを快適に使うためにVPNを契約しはどうしている人もいると思います。

その中でAstrillVPNを契約しようと思ってる方が多いのではないでしょうか?
確かにAstrillVPNは、”以前までは”中国でも利用できるVPNでした。
“以前までは”の話ですが。

中国政府に完全に目をつけられている

冒頭でも話したように、昔はAstrillVPNも中国で利用できる数少ないVPNのひとつでした。

しかしこのAstrillVPNが中国政府に完全に目をつけられてしまい、AstrillVPNが提供するVPNが中国で完全に利用できなくなってしまいました。

公式サイトすらアクセスできない

中国で利用できないVPNはAstrillVPNに限らず、数多く存在するのですがAstrillVPNはVPNの接続だけではなく、AstrillVPN公式サイトへのアクセスすらブロックされています。

ですので、中国でAstrillVPNを使うのは絶対にダメということになっています。

中国で利用できるVPNは限られている

中国ではAstrillVPNに限らず、さまざまのVPNが規制されています。

例えば有料VPNとして人気のあるアバストセキュアラインVPNも中国本土では使用することができません(香港・マカオといった特別行政区では使用可能)。

今現在において中国本土で利用できるVPNは「BlueSurface」のみです。
ブルーサーフェスはVPN規制を回避できるように独自の技術で通信できるようにしているため、中国で利用するVPNはBlueSurface一択になっています。

中国語が理解できるのであれば、別にVPNを使ってまで普段から使っているGoogleやYahooを使う必要はないと思いますが、全員がそういうわけではないと思います。

もし、中国でもGoogleやYouTubeなど本来使うことができないサービスを使いたいのであれば、中国本土に対応してると言っているのを契約するようにしましょう。
無料VPN速度が非常に遅く使い物にならないことが多いのでお勧めできません。

無料・有料VPNを比較している記事
無料VPNと有料VPNどちらをがおすすめ?日本だから安全とも言い切れない
利用するVPN選ぶ際、無料のVPNか有料のVPNかどちらが選べばいいか知りませんよね? 無料のVPNは無料ならではのメリットがあり、その反対に大きなデメリットも存在します。 そのデメリットを担うものが有料VPNのメリットであり、一言で言うと

VPNカテゴリの最新記事

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus