ITパスポートの資格はどの業界で履歴書にかける?

就職・転職・キャリアアップで取得されることが多い ITパスポート試験。

IT業界を目指すなら是非取得してくしておくべきということを聞いたことがあるかもしれませんが、そのとおりです。

というのも、ITパスポート試験は、情報技術系試験の登竜門と言われており、情報技術の基礎に関することがまんべんなく出題される試験となっています。

そのためIT業界に限らず、情報技術の知識力を証明できるITパスポート試験は、様々な業界で使える資格となっています。

就職活動時の履歴書に書くべきか?

新卒採用の場合はどの業界に進む場合でも書くこと

新卒採用の場合は向上心が大切です。

それに、情報技術の基礎を証明できる ITパスポート試験は、よっぽどインターネットなどの情報社会に縁がない職種じゃない限りプラスに評価され、マイナス評価をされることはまずありません。

最近の社会では従業員管理や顧客管理など、ほぼ全てにおいてIT技術が用いられています。

そのため、IT技術技術こと情報技術の基礎知識を証明できる国家資格「ITパスポート試験」を履歴書に書かないことは、デメリットでしかありません。

もしかすると、資格を持っていることをアピールできることで、空いている部署に配属されることもあります(可能性は限りなく低いですがないわけではありません)。

実務経験者募集職種ではあまり役に立たない

実務経験者募集の場合、 ITパスポート試験はあまり役に立ちません。
というのも、実務経験者募集職種の場合は、その人の経歴や転職理由などが重要視される傾向にあるので、履歴書のITパスポート試験を書くことはただのおまけ程度にしかなりません。

MEMO

例外的にIT知識を必要としない職種に応募した際、「うちITとかそういうの詳しい人いないから」という理由でプラス評価されることがあります。

あくまで例外ですが、過去に私が学生時代に飲食店のアルバイトにいったときに似たようなことがありましたよ。
いざ勤めてみると「インターネット何それ?」の人ばかりだったので大変ではありましたが(笑)

基本情報技術者試験などの上位資格を持っている場合も書こう

基本情報技術者試験奈良の上位資格を持っている場合は ITパスポート試験を書く必要ないのではと思うかもしれませんが、資格欄に空欄ができるのであればぜひ書くべきです。

空白ができるくらいなら、両方とも記入することでIT知識を身につけるために頑張ってるという印象を与えることが出来るので、空白ができるぐらいなら遠慮なく書いておきましょう。

他に書ける資格があるなら書かなくてオーケーです

もちろん、ITパスポート試験は基本情報技術者試験などの情報技術試験の中で一番低いレベル1の資格ですので、他の資格で穴埋めれるのであれば、上位資格だけを記入するようにしましょう。

先程it パスポート試験はレベル1と言いましたが、以下のように情報技術系の国家試験はレベル分けがされています。

情報処理試験レベル一覧
  • 初級
    レベル1
    ITパスポート試験
  • 中級
    レベル2
    基本情報技術者試験
    情報セキュリティマネジメント試験
  • 上級
    レベル3
    応用情報技術者試験
  • 最上級
    レベル4
    ITストラテジスト試験
    システムアーキテクト試験
    プロジェクトマネジャー試験
    ネットワークスペシャリスト試験
    データベーススペシャリスト試験
    エンベデッドシステムスペシャリスト試験
    ITサービスマネージャ試験
    システム監査技術者試験
    情報処理安全確保支援士試験

レベル3以降は実務経験がないと取得が難しいので、座学でコツコツ頑張る場合はレベル2の資格取得を最大目標にするといいでしょう。

中途でも書かないよりマシなので積極的に書こう

資格欄で空白ができるぐらいなのであれば中途採用であっても ITパスポート試験を記入するようにしましょう。

資格欄が空白だらけで、経歴も浅い・転職理由もあまり響かないとなると、簡単に書類選考に落とされてしまうでしょう。

選考において面接すらさせてもらえないというのは、土俵に立てていないのと同じですので、書類選考通過のためにできることはなんでもするようにしましょう。
※嘘はだめですよ!!!

MEMO

未経験採用の場合は必ず書きましょう。

未経験募集ということは実務経験以外のことも評価するということですので、評価できることがらを増やすために、ITパスポート試験はためらわずに必ず書きましょう。

ITパスポート試験は情報技術基礎に関する国家試験
可能なら上位資格を目指そう

ITパスポート試験は、国家試験といってもそこまですごいと言える資格とは言えません。

特に、IT業界を目指すのであれば基本情報技術者試験あたり(レベル2)は欲しいところです(その他の業界ならITパスポート取得パスポートで十分です)。

特に学生で基本情報技術者試験に合格しているのであれば評価をプラスに持っていきやすいので、本気でIT業界を目指す方はITパスポート取得を第一目標、基本情報技術者試験を最終目標にして努力するといいですね。

レベル3以降は実務経験を通してから検討するといいでしょう。

急がば回れ

基本情報技術者試験では ITパスポート試験の範囲がほぼすべて含まれています。
ですので、いきなり基本情報技術試験に挑むようにも ITパスポート試験で基礎を固めてから基本情報技術者試験に挑んだ方が、合格率を上げやすく、試験の場にも慣れやすいです。

資格概要
資格名称ITパスポート試験(iパス)
資格区分国家資格
資格カテゴリコンピュータ
向いている業界・仕事ほぼすべての業界
特に向いている業界はソフトウェア業界
試験会場全国主要都市(CBT方式)
合格率
50.4%
合否基準
テクノロジ系
300点以上(1000点満点)
マネジメント系
300点以上(1000点満点)
ストラテジ系
300点以上(1000点満点)
総合
各分野の平均点が600点以上
合格条件
上記全て達成する
受験料
5,700円
公式サイト情報処理推進機構

コメント一覧

avatar
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus