【Chrome拡張】開きすぎたタブを1つのタブにまとめてくれる便利機能「OneTab」

ブラウザ拡張機能

いろんな動画や記事を見ていると、タブを閉じずにそのままにしていることが結構あるかと思います。

ですがそのまま置いておくとタブを開き過ぎていてパソコンが重たくなった、タブだらけでよくわからなくなったということはないでしょうか?

特にGoogle Chromeは消費メモリが非常に大きいため、タブをたくさん開きすぎるとパソコンが一気に重くなってしまいます。

そういった問題を解決してくれるのが「OneTab」です。

OneTabは開きすぎたタブを一つにまとめてリスト化してくれる便利ツールで、タブを整理する際に役立ちます。

タブをひとまとめにする際に大量のメモリを解放してくれるので、OneTabでタブをまとめるだけで消費メモリが1GB以上少なくなることもよくあります。

今回はそんなOneTabの使い方を紹介します。


OneTabの使い方

OneTabはChromeウェブストアからインストールできます。事前にインストールしておきましょう。

初期設定はありません。インストールしたらすぐに使えるようになります。

タブをまとめる

タブをまとめたい場合は、1つ以上のタブを開いている状態でOneTabのアイコンをクリックします。

するとこのように開いていたタブがすべてリスト化されます。

この際タブは全て閉じられるため、ブラウザの動作が一気に軽くなります。

リスト化されたタブのタイトルをクリックすると新しいタブで開き直すことができ、リストから削除されます。ページの再読み込みこそ入りますが、表示するタブ整理する際やパソコンを軽くしたいときに便利です。

リストからタブを復元しても削除されないようにする

OneTabでリスト化したタブをクリックして復元すると、リストから削除されてしまいます。

ですが、何度か開くことがあるタブは、復元してもリストから削除してほしくないということがでてくるでしょう。その際は他のグループをロックしてしまいましょう。

ロックしたタブグループ内のタブは、復元してもリストから削除されないようになります。

タブグループのロックは[その他…]をクリックして[このタブグループをロックする]を選択します。

これでタブグループに鍵アイコンが付き、タブを復元しても削除されなくなります。

 

リスト化したタブを保存する

OneTabでリスト化したタブのグループに名前をつけることができます。

タブグループに名前をつけると、タブグループがたくさんできた際の管理に役立ちます。

タブグループの名前をつける方法簡単で、「○個のタブ」をクリックしたら表示されるテキストボックスに名前を入れるだけです

先ほど紹介したタブグループのロックと組み合わせれば、名前をつけてグループ分けしたブックマークリストとしても使えるようになります。

OneTab用のタブを固定化しておくとさらに便利

OneTabを使うのであれば、OneTab用のタブを固定化して左端に置いておくとさらに使いやすくなります。

タブサイズも小さく、消さずに置いていてもじゃまにならないほか、いつでもOneTabを開ける状態になるのでかなり便利になります。

間違えてバツボタンを押してOneTabのタブを閉じてしまうミスもなくなるので、OneTabを使いこなすのであればタブを固定化して常駐させておくと良いでしょう。

Acceliv