【2020年】ノートパソコンで使えるオススメのDDR3メモリ4選

PCガジェット

ノートパソコンのメモリを増設したい!実はメモリには種類によって性能差があり、価格だけで選ぶべきものではありません。

せっかく増設するのですから、できれば高性能なメモリを買いたいでしょう。

そこで今回は、性能が高くて人気があるノートパソコン用DDR3メモリを紹介していきます。

  • クロック周波数
  • 容量

メモリ選びで最も重要な上記2点についても詳しく解説していますので、参考にしてみてください。


とりあえずノートPC向けDDR3メモリが欲しいならこれがおすすめ!

難しいことはいいから、ノートパソコンで使えるDDR3規格のメモリが欲しいなら、以下のモデルがおすすめです。

容量・枚数クロック周波数
4GB×1枚1333MHz商品詳細ページ
4GB×2枚1600MHz商品詳細ページ
8GB×1枚1600MHz商品詳細ページ
8GB×2枚1600MHz商品詳細ページ

DDR3メモリの中では性能が高いモデルですので、容量さえ間違えなければ大丈夫でしょう。

メモリには性能差がある

メモリの違いというと、容量の違いやDDR3・DDR4といった規格くらいと思うかもしれませんが、ほかにも異なる点があり性能に関係する部分です。

それが「クロック周波数」と呼ばれるものです。

クロック周波数が高ければ高いほどデータ転送速度が早くなるため、メモリの性能そのものを表してるといっても過言ではありません。

DDR3メモリで多いのは1333MHzのモデルで、クロック周波数が高いものだと1600MHzのものも存在します。

クロック周波数が高いメリット

圧縮・解凍が早くなる

クロック周波数が高いとzip圧縮などのアーカイブ処理が早くなります。

圧縮・解凍処理は必ずメモリ上で計算されるため、メモリの性能が上がれば自ずと処理スピードも早くなります。

動画変換(エンコードが早くなる)

動画変換はかなり効果が期待できるでしょう。

動画のエンコードは膨大な処理が必要となるのですが、それら全てメモリを必要とする処理であるため、クロック周波数が早いとその分エンコードも早くなります。

また、メモリのクロック周波数が低いとどれだけCPU/GPUの性能が高くてもメモリの性能不足が原因で思うようにスピードが出ないということもあるため、あなたが想像している以上に重要だったりします。

見るべきポイントは容量とクロック周波数

ノートパソコン用DDR3メモリを購入する際に見るべきポイントは、

  • 容量
  • クロック周波数

の二つしかありません。

この2つ以外は、極論一切見なくて大丈夫です。強いて言うなら価格くらいでしょう。

といってもクロック周波数は商品名のどこに書いているのはわかりづらいという方も多いはずですので、このあと紹介するおすすめのDDR3メモリではクロック周波数は明記していますので、それを参考にしてください。

ノートパソコン用おすすめのDDR3メモリ4選

ここから、売れ筋で人気のあるDDR3メモリを4つ紹介します。

シリコンパワー

容量4GB
枚数1枚
クロック周波数
保証永久保証

ほんの少しだけメモリ容量増設したい。そんなあなたにピッタリの一枚です。

クロック周波数は1333MHzと、DDR3メモリの中ではスタンダードなものであり、1枚だけ安く購入して起きたい方におすすめです。

テクミヨ

容量4GB
枚数2枚
クロック周波数1600MHz
保証永久保証

空きスロットが2つあるノートパソコン。もしくは使っているメモリが2GB2枚組という方に向いているメモリセットです。

1枚ずつ購入するよりもお得であり、メモリをまとめ買いしたい方に最適でしょう。

また、Macでも利用できるのでMacに増設したい方にもおすすめです。

テクミヨ

容量8GB
枚数1枚
クロック周波数1600MHz
保証永久保証

メモリにかなり余裕をもたせたい方に最適なのが8GBメモリです。

ノートパソコン用DDR3メモリの中ではかなり容量が大きい方であり、増設した途端メモリにとても余裕ができ、たくさんのソフトウェアを開いたままにできるでしょう。

Timetec

容量8GB
枚数2枚
クロック周波数1600MHz
保証永久保証

スロットが2つしかないノートパソコンで搭載メモリ16GBを実現したいなら、このメモリが最適です。

DDR3の上位版(DDR3メモリと互換性なし)であるDDR4なら、1枚で16GBのメモリはあるのですが、DDR3規格は一般向けに市販されているモデルには1枚で16GBを超えるメモリはほとんどありません。

ですので、メモリスロット2つのノートパソコンで16GB搭載にしたいなら、こちらのメモリを購入するのがおすすめです。

また、クロック周波数も1600MHzとかなり高く、メモリが原因でCPU・GPUの足を引っ張ってしまうこともないでしょう。

DDR3メモリの売れ筋ランキングもチェックしよう

リアルタイムで更新されるAmazonの売れ筋ランキングをチェックするのもおすすめです。

まとめ

今回はノートパソコン用のDDR3規格のメモリを紹介しました。

メモリの増設を決めたはいいけど、何を購入したらいいのかわからないという方も多いかと思います。

そういう時はこの記事で紹介したメモリを購入するといいでしょう。メモリを増設することで今まで以上に快適にパソコンを使えるようになりますよ!

Acceliv