【挫折しない!】jQueryの勉強で役立つ入門書の選び方と注意点

JavaScript

JavaScriptを使いこなす上で必要不可欠なjQuery。JavaScriptがある程度わかってきたからjQueryに手を出してみたら、書き方が全然違っていて戸惑っていたりしないでしょうか。

jQueryはJavaScriptを使って記述しますが、ソースコードは大きく変わってきます

document.getElementById("button").onclick = function() {
  alert('Hello World!');
};
$(document).on('click', function() {
  alert('Hello World!');
});

上記のコードはクリックしたらポップアップアラートを表示するコードですが、JavaScriptとjQueryでは書き方が全然違いますね。

このように、jQueryは生のJavaScriptとでは書き方が大きく変わってきますが、便利なのはjQueryですので、JavaScriptを身に着けるのであればjQueryもセットで覚えるべきです。

そこで、JavaScriptの勉強を始めたばかりの方でも大丈夫なjQuery入門書を紹介します。

jQuery入門書選びで失敗しないコツ

デザインブック・リファレンスは避ける

JavaScript初心者の場合、デザインブックやリファレンスに手を出すのはやめておきましょう。

デザインブックやリファレンスは実用レベルのサンプルコードをたくさん学ぶことができますが、そのほとんどがJavaScript・jQueryの基礎をわかっている方向けの内容です。

例えばこういう本です。

パット見わかりそうなコードでも、いざコードを改変して自分のプログラムに組み込むかということを考えると、実はよくわかっていなかったということがあります。

基礎入門を飛ばしてデザインブックやリファレンスに手を出してしまう方にありがちな問題なので、jQuery初心者・未経験の方はjQuery入門書をしっかり読んで基本を身につけるようにしましょう。

広く浅くjQueryを扱っている書籍がおすすめ

入門書選びなら広く浅く jQuery に関することを解説している本がおすすめです。

jQueryの中には特定のことに特化した入門書が存在します。

こういった書籍も入門書ではありますが、「jQueryを理解している→処理を高速化するにはどうしたらいい?」というような一歩踏み込んだ内容になっています。

そのため、jQueryを1から学ぶ用としては全く向いていないのです。

10日でおぼえるjQuery入門教室 第2版」のような浅く広く扱っている入門書ならjQueryに関する幅広い基礎知識を身につけられるので、そこから応用テクニックの習得も早くなるでしょう。

人気のjQuery入門書3選

10日でおぼえるjQuery入門教室 第2版

短期間でjQueryの基礎を学びたいならこちらの書籍がいいでしょう。非常に丁寧に解説されており画像もふんだんに使われています。

HTML・CSS・JavaScriptの知識がうろ覚えの方でも大丈夫なように、かんたんな復習もできるようになっているので安心です。jQueryを学ぶつもりで購入したのにHTMLやCSSが全然できていなくて論外だったとなっては話になりませんので、そういう不安がある方はこちらがおすすめです。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)

本格的にjQueryを学びたいならこちらがいいでしょう。大型本でありながら300ページ超えの大ボリュームですが、その分内容も濃くこれ一冊でjQueryの基本から応用テクニックまで全て学ぶことができます。

今では必須級のスマートフォンに関するサンプルや解説も用意されており、サンプルコードをそのまま実用できるレベルのjQueryでのデザインのやり方などを学べます。

改訂新版jQuery本格入門

Ajax・QUnitいった、かなり本格的な内容まで踏み込んだjQuery入門書です。本格的な内容に踏み込んだと言っても本質は入門書であるため、jQueryを初めて触るという形でもとっつきやすく、基礎から順番に学ぶことができます。

jQueryを使ってプログラムをかけるだけでなく、jQueryそのものの知識を深めることにも役立つため、仕事でjQueryを使う・将来的に使えるようになりたい方向けの一冊です。

初めてなら「10日でおぼえるjQuery入門教室 第2版」がベスト

JavaScriptもちょっと微妙。だけどjQueryを学びたいという初心者なら「10日でおぼえるjQuery入門教室 第2版」が一番です。

10日で学べるということは無理やり内容が詰め込まれているのではないかと思うかもしれませんかそうではありません。

10日あれば十分な程度のボリュームに抑えられている本であり、すらすらと読み進められます。

ページ数は大型本でありながら300ページ超えと一見大ボリュームで読み切るのが大変に思えますが、実際はスクリーンショットや画像を使って詳しく丁寧に解説している関係でページ数が多くなっているだけです。

そのため、1日30ページ軽く詠みすすめるだけでも全然苦ではありません。ただただ読むだけなら1時間も要らないでしょう。

初めてのjQueryにおすすめですので、悩んだらこちらをまず読んでみてください。

関連記事
Acceliv