JavaScriptでURL遷移させる方法【同じタブ/別タブ/新規ウィンドウ】

JavaScriptでURLを指定して別ページを開くにはwindow.location.hrefかwindow.open関数のどちらかを使用します。

同一タブでURLを開く場合はどちらを使っても出来ますが、window.location.hrefを使うほうがシンプルでわかりやすいです。

window.location.href = 'https://acceliv.com/'

慣れない方からするとURLを変数に代入しただけのように見えますが、代入するとページ遷移のイベントが自動的に開始されるため、window.location.hrefにURLを代入するだけでページ遷移を行えます。

別タブで開く場合はwindow.open関数を使用します。

window.open('https://acceliv.com/', '_blank');

別タブではなく新しくウィンドウを開いて表示させる時もあるでしょう。この場合もwindow.open関数を使用しますが、”_blank”ではなく、ウィンドウタイトル、幅や高さなどのウィンドウ情報を指定します

window.open('https://acceliv.com/',"ウィンドウタイトル初期値","width=450,height=300,scrollbars=1");

このようにすると新しいウィンドウが生成されて、指定したURLがそちらのウィンドウで開かれます。

scrollbars=1とは、新規作成したウィンドウにスクロールバーを表示するかどうかのパラメータです。1にすると表示、0にすると非表示となります。

必要に応じて使い分けるといいでしょう。

カテゴリー: