Java Update Schedulerをタスクマネージャーで無効化する

Windows10 基本

Windows10にJavaをインストールしていると、最新バージョンのアップデートを自動的に取得する「Java Update Scheduler」がバックグラウンドで実行されています。

Javaはセキュリティパッチが当てられたアップデートが不定期に配信されるため、自動アップデーターである「Java Update Scheduler」を無効化すべきではありませんが、自身の好きなタイミングでアップデートしたい場合はアップデーターの自動起動を無効化する必要があります。

 

Windows10起動時にJava Update Schedulerを起動させたくない場合は、タスクマネージャーから無効化できます。


Java Update Schedulerを停止して自動起動を無効化する

タスクマネージャーを使って行います。まずはタスクマネージャーを起動しておいてください、

 

タスクマネージャーを起動したら、スタートアップタブに切り替えます。

 

JavaをインストールしているWindows10だと、一覧表示されたスタートアップリストの中に「Java Update Scheduler」が見つかります。

 

「Java Update Scheduler」をクリックして選択し、タスクマネージャー右下の[無効にする]をクリックしましょう。

これでWindows10を起動・再起動してもJava Update Schedulerが自動起動されなくなります。

起動中のJava Update Schedulerを終了させる

スタートアップを無効化しても、Windows 10を再起動するまでJava Update Schedulerは動作し続けています。

Windows 10を再起動せずにJava Update Schedulerを終了させたい場合は、タスクマネージャのプロセスタブから停止させます。

 

プロセスタブに表示されているソフトウェア一覧の中に「Java Update Scheduler」があるはずなので、クリックして[タスクの終了]をクリックしましょう。

Java Update Schedulerのプロセスが2つ以上ある場合は全て終了させておいてください。これでWindows10を再起動せずにJava Update Schedulerを完全に無効化できます。

Acceliv