作成したメモを忘れてしまう?そういうときはEvernoteのリマインダー機能がおすすめ

Evernote

ToDoリストや買い物リストのメモを作成しても、作成したことを忘れていてメモを用意した意味がなかったという経験を持つ方は結構いるかと思います。

メモを作成するまではいいものの、メモの作成で満足してしまって結局見ることがなかったなんてよくある話です。

だからといって通知機能を持つメモアプリを使うにも、機能が乏しくて使い物にならないっていう方も多いでしょう。そういう時にオススメなのがEvernoteです。

  • 分単位でのリマインド通知
  • パソコン・スマホ両方に対応
  • パソコンでもリマインドできる
  • パソコンで作成したメモをスマホで見れて、リマインド設定もできる
  • iPhone・Android両方同じデザインで使える

という優れたクラウドノートサービスです。無料で利用できるとても便利なサービスであり、ToDoリスト作成に便利なチェックボックス機能などが用意されています。

なによりスマホだけではなくパソコンにもリマインド通知を送ることができるので、スマホ開かずにパソコンを触っているときでもリマインド通知に気づくことができます。

Evernoteを使ったことがないという方はアカウントを作成しておいてください。アカウント作成は無料でできます。


Evernoteでリマインド設定を送る

Evernote でのリマインダー設定はパソコン・スマホ両方で行えます。それぞれ画面構成が異なるので別々に解説していきますね。

スマホの場合

まずは何でもいいのでノートを開いておきます

ノートを開いたらノートブック名の右側にある時計アイコンをタップします。

 

そのまま[日付を設定]をタップ

 

するとカレンダーが表示されるので、日付と時刻をそれぞれ設定します。

設定したら[保存]を押しましょう。これでリマインド通知が設定できました。リマインド通知が設定されたノートには通知日付・時刻が表示されます。

あとは時間になったらリマインド通知設定がされているノートが通知されます。当然ですがスマホ本体の通知をオフにしていたら通知されないので必ず通知を有効化しておいてください。夜間モードなど通知制限機能があるスマホでは注意しましょう。

パソコンの場合

画面構成が異なるだけで、パソコンの場合もリマインド通知設定のやり方は同じです。まずはリマインダー通知を設定したいノートを開いておいてください。

続いてノート右上の「…」をクリックし、[リマインダー]を選択します。

 

リマインダーが追加されるので[日付を追加]をクリックします。

あとはカレンダーから日付と時刻を設定するだけです。スマホ版と違って保存ボタンがありませんが、日付と時刻を変更したらその場で自動保存される仕様になっています。

もちろん、パソコンで設定したリマインド通知はスマホでも通知してくれます。

スマホのリマインド通知が役立つ場面

そもそもリマインド通知にはどういう時に使うべきなのかしっかり把握していますか?

通知できるのが便利ということは理解しているけど、具体的にどういう場面で有効活用できるのかあまりよくわかっていないという方は、こちらも読んでみてくださいね。

 

Acceliv