勝手にWindows Updateされないようにする方法

Windows10 基本

Windows10で作業をしていたら突然ソフトウェアが強制終了して再起動、そのままWindowsUpdate…

そんな強引すぎる手口に悩まされていることもありますよね。

そんなことにならないように強制的な自動アップデートを停止したい方も多いでしょう。

今回はWindows10使用中にWindows Updateが勝手に行われないようにするにはどうすればいいのか紹介します。

勝手にWindows Updateさせない方法

Windows Updateは半ば強制的に行われるので、再起動しようとしたらアップデートがかかってなかなか終わらないということはよくあります。

それが、時間のある時であればあまり問題ないのですが、仕事中などなにかやっているときにアップデートが行われたとなるとたまったもんじゃありません。

もちろん、アップデートされることに対するクレームはMicrosoftに行っているようで、自動アップデートを一時停止させる方法が用意されています。

Windows Update を一時停止できるのはWindows 10 Pro以上のバージョンです。Windows10 Homeは一時停止できる設定が用意されていないので注意してください。

Windows Updateを一時停止させる方法

設定手順
  • STEP1
    Windows10の設定を開く
  • STEP2
    [更新とセキュリティ]を選択

  • STEP3
    [更新を7日間一時停止]をクリック

    この状態になったら自動アップデートが停止され、再起動・シャットダウンしてもアップデートがかからなくなります。

最大35日間更新を遅らせることが可能

先ほどの方法では1週間経つと、再起動時に強制的にアップデートが行われます。ですが、個別の詳細オプションを使うことで最大35日間アップデートを停止できます。

やり方はカンタンで、一時停止後に[更新をさらに7日間一時停止]を4回クリックするだけです。

すると、ここの日付(更新再開日)がさらに延長されます。

Windows Updateを遅らせたい場合はこの方法を使いましょう。

Windows10 Proにアップグレードしたい

Windows10へのアップグレードは、Windows10 Proライセンスを購入すればその場で更新できます。

オススメ
Acceliv