レジストリを編集せずにCortana(コルタナ)を無効化する

2 min

Windows10には音声認識機能を使ってパソコン操作をサポートしてくれるCortana(コルタナ)があります。

正直な話、コルタナを使っている人はほとんどいないかと思います。

使わないならコルタナを完全に無効化してしまおうと考える人もいるかもしれません。ですが現在はこれからを無効化する設定項目が削除されており、自力で削除しようと思うとレジストリの操作が必要となり、初心者にとってハードルが高い問題でした。

ですが、Windows10設定変更ツールを利用することでレジストリを操作せずに簡単に Cortanaを無効化することができます。

今回はWindows10設定変更ツールについて紹介します。

Windows10設定変更ツールの導入

まずは、Windows10設定変更ツールをダウンロードして導入しましょう。

ダウンロードは窓の杜から行えます。

ダウンロードしたら解凍し、中に入っているファイルを起動しましょう

インストール不要のポータブルソフトであるため、無事起動できたらインストール完了です。

削除するときもフォルダごと削除すればいいだけです。

コルタナを無効化する

Windows10設定変更ツールを起動したらこのようなウィンドウが表示されます。

この中の「Cortana設定」を確認してください。

この設定を[Cortanaを無効にする]に変更したあと[設定を変更する]をクリックします。

設定を変更するとWindows10の再起動を要求されるので、一旦再起動しましょう。

再起動が完了するとCortanaが完全に無効化されます。

Cortanaが無効化されているか確認する

再起動が完了したら本当に無効化されているのか確認しましょう。

一番簡単な方法をタスクバーを右クリックして表示されるメニュー確認することです。

Cortanaを無効化していない場合はメニュー上の方に[Cortanaのボタンを表示する]が表示されています。

ですが、Windows10設定変更ツールでCortanaを無効化した後は、このメニュー項目削除ているはずです。

これで完全にCortanaを無効化することができました。

Windows UpdateにCortana本体のバージョンアップが含まれていた場合は設定が元に戻ってしまう可能性がありますが、その場合はその都度無効化設定を行えばいいでしょう。