WordPressでサイトを運営するならContact Form7で問い合わせフォームを作成しよう

WordPressプラグイン

WordPressでサイトを制作・運営していてお問い合わせフォーム設置したいけど手が出てくるでしょう。

グーグルアドセンスなどの審査で設置しなければならなくなったという方もいるはずです。

そういう時はContact Form 7というWordPress プラグインを使いましょう。Contact Form 7を使えばWeb 開発知識がない人でも簡単に問い合わせフォームを作成することができます。

またreCaptchaを使ったBOT(自動プログラム)による不正な問い合わせも防ぐことができるため、WordPress ユーザーなら是非使用したいプラグインです。

Contact Form 7のインストール

WordPress 管理画面からインストールできます。

似たような名前のプラグインがいくつか見つかりますが、”Contact Form 7″をインストール・有効化してください。

 有効化後、管理画面左メニューに[お問い合わせ]が追加されたらインストールに成功しています。

Contact Form 7の使い方

問い合わせフォームの設置

Contact Form 7は有効化したら自動的に問い合わせフォームが一つ作成されています。

まずはデフォルトの問い合わせフォームを設置してみましょう。

Contact Form 7のお問い合わせフォームは管理画面左メニューの[お問い合わせ]で管理されています。

ページを開くと「コンタクトフォーム1」というフォームがあるはずです。その行のショートコードをコピーしましょう。

コピーしたら、投稿・固定ページどちらでもいいので貼り付けます。

貼り付けたらプレビューしてみてください。

このような問い合わせフォームが表示されたはずです。

名前やメッセージ本文を入力して送信すると実際にお問い合わせ処理が行われ、WordPress 管理者のメールアドレス宛に送信されてきます。

Gmailを使っている場合、迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性が高いので、送信テストをした後迷惑メールフォルダにアクセスし、迷惑メール設定を解除するようにしましょう。

解除せずままいると、せっかく問い合わせをもらっても気づくことができません。

問い合わせフォームのカスタマイズ

デフォルトの問い合わせフォームは、「お名前・メールアドレス・題名・メッセージ本文」の4項目ですが、この項目は自由にカスタマイズできます。

作成済み問い合わせフォーム一覧の編集したいフォームをクリックします。

編集画面が表示されるので、各項目を好きなように挿入します。

編集画面上にある各ボタンをクリックすることで、チェックボックスやラジオボタンといった複雑な項目も作成可能です。

編集のやり方さえ覚えれば好きなように問い合わせフォームをカスタマイズできます

問い合わせしやすいように項目をたくさん増やすのもいいですが、項目を増やしすぎるとお問い合わせが減ってしまうので、ほどほどにしておきましょう。

スパム対策をする

デフォルトのContact Form 7ではセキュリティ対策が不十分で、スパムが送られてくることがあります。

スパム対策をするためにAkismetとreCaptchaを導入することをお勧めします。

Akismetの導入

Akismetとは、スパムコメント対策でも使用されている有名なプラグインです。WordPress をインストールすると、初めからAkismetがインストールされていることが多いです。

そんなAkismetはContact Form7に対応しており、怪しい問い合わせを自動的にブロックしてくれます。

設定手順
  • STEP1
    [設定]->[Akismet Anti-Spam(アンチスパム)]を開く

  • STEP2
    [Akismetアカウントを設定]をクリック

  • STEP3
    [SET UP YOUR AKISMET ACCOUNT]をクリック

  • STEP4
    [Get Personal]をクリック
     スパム対策するだけなら無料版で十分です。

  • STEP5
    [What is Akismet worth to you?]をに変更
    必ず0円に変更してください。

    無料版であってもこちらのバーが0円以上になっていたら、言い値で利用する(料金を支払うことになる)ので注意しましょう。

  • STEP6
    メールアドレスと名前・ドメインを入力
    Akismetに登録するメールアドレスと氏名、そしてAkismetを使用するドメインを入力。

    3つのチェックボックスにチェックを入れるた後、[CONTINUE WITH PERSONAL SUBSCRIPTION]をクリック

  • STEP7
    認証コードの入力
    先ほど入力したメールアドレス宛に認証コードが届くので入力します。

    しばらく待つと認証が完了し、APIキーが記載されたメールが届きます。

  • STEP8
    APIキーの認証
    WordPress管理画面に戻り、最初のAkismet設定画面の[Manually enter an API key]をクリックします。

    メールに記載されていたAPIキーを入力し、[APIキーを使って接続する]をクリック。

    この画面が表示されたら、Akismetが有効化されスパム対策されている状態になります。

Akismetはスパムコメント対策プラグインでもあるので、お問い合わせフォームスパム対策と共にコメントのスパム対策も同時に行えます。英語のスパムコメントがたくさん届いて困っていたという場合はこれでスパムが来なくなるでしょう。

reCaptchaの導入

さらに対策したい場合はreCaptchaも導入しましょう。

reCapchaを導入することで、自動プログラム(BOT)による問い合わせが全くと言っていいほど来なくなるため、スパムを見ることがほとんどなくなります。

導入手順
  • STEP1
    reCaptcha作成ページにアクセス
    https://www.google.com/recaptcha/admin/create
  • STEP2
    ラベルを入力
    ラベルはreCaptchaを管理する際に使用する名前です。何でも構いません。

  • STEP3
    reCAPTCHAタイプを選択
    必ず[reCAPTCHA v3]を選択してください。 [reCAPTCHA v2]だと正常に動作しません。

  • STEP4
    ドメインを入力
    reCAPTCHAを使用するドメインを入力します。ここで指定したドメイン以外ではreCAPTCHAを使用できないので、間違えないようにしてください。

    「https://」などのプロトコルやパスを含めないでください。画像のようにドメインのみを入力しないとエラーになります。

  • STEP5
    利用規約に同意して作成
    [reCAPTCHA利用条件に同意する]にチェックを入れて[送信]をクリック

  • STEP6
    サイトキーとシークレットキーが発行される
    作成するとサイトキーとシークレットキーが発行されます。

    サイトキーはreCaptcha設置ページで公開されるので隠す必要はありませんが、シークレットキーは絶対に誰にもバレないようにしてください。

  • STEP7
    Contact Form7に導入
    WordPress 管理画面に戻り、[お問い合わせ]->[インテグレーション]をクリック

    先ほど取得したサイトキー・シークレットキーを入力し、[変更を保存]をクリックします。

     

    この画面が表示されたら導入に成功しています。

    エラーが表示された場合はサイトキーとシークレットキーの入力を間違えてるので再度確認してください。

導入した後に問い合わせフォームを確認すると画面右下にreCaptchaアイコンが表示されているはずです。

これでreCaptchaの導入が完了しました。AkismetとreCaptcha両方を導入しておけば問い合わせフォームのセキュリティ対策は十分でしょう。

Acceliv