ConoHa VPSでKUSANAGI(WordPress)をセットアップする

サーバー

WordPressのパフォーマンスを劇的に高めることができる超高速CMS実行環境「KUSANAGI」

当サイトもKUSANAGIを使って運用しています。

KUSANAGIのセットアップしようと思うとサーバーの知識だけでなくネットワークセキュリティ知識もかなり必要ですが、KUSANAGIの初回セットアップから、KUSANAGIを使う上で最低限やっておきたいセキュリティ対策(SSL導入を含む)を自動的に行なってくれるアプリケーションイメージがConoHa VPSで提供されています。

今回はConoHa VPSでKUSANAGIをセットアップする流れを紹介します。

KUSANAGIとは?

KUSANAGIとは、WordPress などの CMS の実行速度を大幅に上げることができる高速化チューニング済み仮想マシンイメージです。

WordPressもCMSの一つであるため、KUSANAGI上にWordPress環境を構築するだけで大幅にパフォーマンスを高めることできます。

特に顕著なのがWordPressダッシュボードです。公開しているページはキャッシュプラグインなどを使って高速化することができますが、ダッシュボード・管理画面はキャッシュすることができないため、サーバースペックがあまり高くなかったり、導入しているプラグインが多いとかなり動作が遅いです。

ですが、KUSANAGIはダッシュボード・管理画面に関しても最適化してくれるため記事執筆などのサイト管理効率が大幅に上がります。

一度使うとKUSANAGIなしではやっていけないくらい最適化されるので一度使ってみることをおすすめします。

ConoHa VPSでKUSANAGIを使ってみる

それでは早速ConoHa VPSでKUSANAGIイメージを使って構築していきます。

 

ConoHaアカウントを作成していない場合は作成しておきましょう

VPSならConoHa|登録者数22万アカウント突破 - 期間限定キャンペーン実施中
ConoHaのVPSはひと月535円から。最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのにかんたんに使えるVPSです。今だけお得なキャンペーンも実施中。

ConoHaにログインしたら[サーバー追加]を選択

 

 

次に、サーバープランを選択します。

KUSANAGIは512MBプランでは使用できません。無理やり512MBで動かしてもメモリ不足でパフォーマンスが劇的に悪化するので、必ず1GB以上を選びましょう。

個人ブログ程度なら1GB、個人でもかなりパフォーマンスを挙げたいなら2GBでいいしょう。公式は4GB推奨ですが、個人サイト程度なら2GBで十分です(当サイトも2GBプランで運用しています)。

 

 

「イメージタイプ」を[アプリケーション]に切り替え、[かんたんKUSANAGI]を選択

続いてrootパスワードを設定します。ここで入力するパスワードはVPSにSSH接続する際に必要な初期パスワードです。

rootパスワードの設定まで終わったら[追加]をクリックして申し込みに進みます。

申し込みが完了するとサーバーの構築と行われます。完了するまでしばらく待ちましょう

 

完了したら起動中になり、VPSを操作できるようになります。

VPSに接続する

ネームタグをクリックしてVPSの詳細にアクセスします。

 

 

アプリケーションイメージで「かんたんKUSANAGI」を選択した場合、[KUSANAGI管理]という項目が追加されていますので、それをクリックします。

 

この際、サーバ申し込みに入力したパスワードを使ってログインします(ログインユーザー名はroot)

「サイト一覧」の[作成]クリック

 

 

運用するサイトのドメインとメールアドレスを入力します。

しばらくなった WordPress のインストールが完了し、IPアドレスが表示されます。

表示されたアドレスをドメインのDNSレコードに登録しておいてください。

これでKUSANAGIでWordPressを使えるようになります。SSL設定やKUSANAGIのキャッシュ設定などはConoHaのコントロールパネルから行えるので、色々試してみてください。

プランがどれが一番最適?

初めてならプランは1GBでいいでしょう。1GBプラン以上ならいつでも好きなタイミングでプランのアップグレード・ダウングレードできるので、記事数やアクセスが増えてきて重くなってきたと感じたらプラをアップグレードしてメモリーやvCPU数を増やすといいでしょう。

参考程度に、当サイトは2GBプランで動作しています。

Acceliv