ConoHa VPSでArchiveBoxアプリケーションを構築する

サーバー

ArchiveBoxというHTMLやCSSなどのWeb ページファイルをダウンロード・キャッシュして魚拓できるソフトウェアがあります。

このArchiveBoxの自動セットアップに対応したアプリケーションイメージがConoHa VPSで公開されました。

今回はConoHa VPSを使ってArchiveBox環境を構築していきます

ArchiveBoxとは?

ArchiveBoxとは、Web ページの魚拓を作成するためのソフトウェアです。

ArchiveBoxを使ってHTML・CSS・画像などのWeb ページの表示に必要なファイルをすべて自分で用意したサーバーにキャッシュすることで、もとのWebページが削除・編集されてもキャッシュしたページを閲覧することができます。

通常であればArchiveBoxをコマンドを使ってインストールしてセットアップする必要がありますが、ConoHa VPSではサーバー構築時にセットアップするアプリケーションとして「ArchiveBox」

ConoHa VPSでArchiveBoxを使ってみる

それでは早速ConoHa VPSでArchiveBoxイメージを使って構築してみましょう。

サーバーの申込み

ConoHaアカウントを作成していない場合は作成しておきましょう

VPSならConoHa|登録者数22万アカウント突破 - 期間限定キャンペーン実施中
ConoHaのVPSはひと月535円から。最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのにかんたんに使えるVPSです。今だけお得なキャンペーンも実施中。

ConoHaにログインしたら[サーバー追加]を選択

 

次に、サーバープランを選択します。

 

「イメージタイプ」を[アプリケーション]に切り替え、[他のアプリケーションを見る]をクリック

 

ArchiveBoxを選択します。

 

rootパスワードを設定します。ここで入力するパスワードはVPSにSSH接続する際に必要な初期パスワードです。

rootパスワードの設定まで終わったら[追加]をクリックして申し込みに進みます。

申し込みが完了するとサーバーの構築と行われます。完了するまでしばらく待ちましょう

完了したら起動中になり、VPSを操作できるようになります。

VPSに接続する

ネームタグをクリックしてVPSの詳細にアクセスします。

VPS詳細の「コンソール」を利用するとSSHクライアントを使わずにVPSに接続してコマンド操作できます

※IPアドレスを晒してますが、仮契約したものですので、今はもう私が使っているIPアドレスではありませんので安心してください。

サーバー申し込み時に設定したパスワード(ユーザー名はroot)でVPSにログインすると、「Welcome to ArchiveBox image!」と表示されます。

ArchiveBoxを使ってみる

この下にあるサーバーアドレスとユーザー名・パスワードがArchiveBoxでキャッシュしたWebページを閲覧するURLです。

上記だとサーバーアドレスが「http://160.251.14.37」ですので、「http://160.251.14.37/opt/archivebox」にアクセスするとキャッシュした魚拓ページを閲覧できます。

アクセス時はサーバーアドレスの下にあるユーザー名とパスワードを入力しましょう。

ただし、サーバーを構築してから一度もWebページをキャッシュしていない場合は404エラーが表示されます

ですので、最低一回はWebページをアーカイブする(キャッシュする)コマンドを打ちましょう。

ArchiveBoxの使い方は公式ヘルプに任せるとして、ウェブページのキャッシュは以下の流れで行なえます。

$ cd /opt/archivebox/ && \
sudo -u archivebox SUBMIT_ARCHIVE_DOT_ORG=False \
/opt/archivebox/archive "アーカイブしたいウェブページのURL"

試しに当サイトのウェブページでもキャッシュしてみてください。

$ cd /opt/archivebox/ && \
sudo -u archivebox SUBMIT_ARCHIVE_DOT_ORG=False \
 /opt/archivebox/archive "https://acceliv.com/javascript-cookbook/"

コマンドに間違いがなければ、ウェブページがキャッシュされていきます。

ウェブページ内のリソースファイル数とサーバースペックによってアーカイブにかかる時間は変わってきますが、一度コマンドを打ってしまえばあとは芋づる式にほかのウェブページもキャッシュしてくれます。

1ファイル以上キャッシュされるとこのようにアーカイブされたページやファイル等が一覧表示されます

ページをクリックすると、URLはArchiveBoxのものなのに、キャッシュしたウェブページが表示されるはずです。

あとは好きなだけウェブページをキャッシュしていくといいでしょう。

プランがどれが一番最適?

プランは1GBでいいでしょう。上位プランにするとメモリや仮想CPU(vCPU)コア数が増えますが、容量は変わりません。

容量は200GB・500GB単位で増量できるので、サーバースペックは1GBにしておきましょう。

ただし512MBプランは容量が30GBしかないので、最初に選択するプランは1GB推奨です。

ConoHa VPSはほかにもWordPress(KUSANAGI)やGitLabなど様々なイメージが用意されているので、使ってみてはどうでしょうか。

Acceliv