【Chrome/Edge】表示しているタブ以外のタブをすべて閉じる方法

1 min

いろんなページを見ていて気づいたら何十個も開いていたということはないでしょうか。そういう時タブを一つ一つ閉じていくのはかなり面倒かと思います。

そういうときのために、表示しているタブ以外を全て一括で閉じる方法がブラウザに用意されています。おそらくすべての主要なブラウザに搭載されている機能だと思いますのでやり方を紹介します。

表示しているタブ以外のタブをすべて閉じる方法

やり方さえわかれば簡単です。

まずは、残しておきたいタブ(表示するタブ)を開いて表示しておいてください。

表示したら、どのタブでもいいので右クリックして[他のタブをすべて閉じる]をクリックします。

すると、表示しているタブ以外の全てのタブが一瞬で閉じられます。メモリを圧迫していた場合は一気に軽くなるでしょう。

表示しているタブ以外のすべてのタブを閉じる際に確認画面は表示されませんので、残しておきたいタブ(表示するタブ)は間違えないようにしましょう。

数タブだけ残したい場合

表示しているタブとは別のタブを数個だけ残したいという場合もあるでしょう。

そういう場合だと先ほど紹介した「表示しているため以外を閉じる方法」は使えません。残しておいてタブまで閉じてしまいますからね。

そういう場合はタブを閉じるショートカットキーを利用しましょう。ほとんどのブラウザは表示しているタブを[Ctrl+W]キーで閉じることができるため、このショートカットを活用すれば不要な旅立ちを狙って削除する際に役立ちます。

ショートカットキーを使わない方法だと、タブ右端のバツボタンをクリックしていくわけですが、バツボタンはそこまで大きくないため押し外すということもよくあります。

ショートカットキーを使えば関係ない話ですので、大量のタブを削除する際は使ってみてください。