WordPressで記事のIDを調べる方法

WordPress 基本

WordPressの記事・固定ページには必ずIDが割り振られています。

記事を執筆するにあたってIDのことを考える必要は全くないのですが、一部のプラグインでは記事のIDが必要になることがあります。

そこで今回はWordPressの記事・固定ページのIDを調べる方法を紹介します。

投稿IDを調べる方法

投稿IDを調べる方法は簡単です。

まずはIDを調べたい投稿・固定ページの編集画面を開いてください。

そしてURLを確認します。

このURLの中の「post=〇〇」の「〇〇」がIDです。上記画像なら「post=14」なので、記事IDは14となります。

 

一応、投稿一覧からリンクにカーソルを合わせるだけでもIDの確認が可能です。

もっと楽に調べるには?

「Simply Show IDs」というプラグインを使えば、投稿一覧・固定ページ一覧にIDを表示させることができます。

ただし、かなり古いプラグインであるせいか検索では見つからないため、WordPress公式ディレクトリからダウンロードして、自分のサイトにアップロードしてください

インストールして有効化すると、投稿一覧・固定ページ一覧にIDが表示されるようになります。

プラグインを使いたくない場合

プラグインを使いたくない場合は下記コードを使用中テーマのfunctions.phpに追記してください。

/* 投稿一覧にIDの列を追加 */
function add_posts_columns_postid($columns) {
$columns['postid'] = 'ID';
return $columns;
}
add_filter( 'manage_posts_columns', 'add_posts_columns_postid' );
add_filter( 'manage_pages_columns', 'add_posts_columns_postid' );

//IDを表示
function custom_posts_columns_postid($column_name, $post_id) {
if( 'postid' == $column_name ) {
echo $post_id;
}
}
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'custom_posts_columns_postid', 10, 2 );
add_action( 'manage_pages_custom_column', 'custom_posts_columns_postid', 10, 2 );

//ソート可能にする
function sort_posts_columns_postid($columns) {
$columns['postid'] = 'ID';
return $columns;
}
add_filter( 'manage_edit-post_sortable_columns', 'sort_posts_columns_postid' );
add_filter( 'manage_edit-page_sortable_columns', 'sort_posts_columns_postid' );

これで投稿一覧・固定ページ一覧にプラグインなしでIDが表示されるようになります。

Acceliv