C言語のポインタの学習に特化したおすすめの参考書

C/C++

C言語で最も挫折しやすいポイントがプログラミング初心者キラーである「ポインタ」でしょう。

ポイントをしっかり理解するのはかなり難しいであるにも関わらず、入門書ではかなり早い段階で登場します。

ポインタはあらゆる場面で使用するため入門レベルの書籍でも早い段階で登場してしまうのですが、ポイントが原因で挫折してしまう人も少なくありません。

C言語・C++プログラミングができる現役プログラマに「C言語の勉強で挫折しやすいポイントは?」と聞いてみると、ほとんどの方が「ポインタ」と答えるでしょう。

ポインタだけを解説した参考書が出版されるくらい奥深いものとなっていますので、C言語をマスターしたいならポインタの扱いを極めることは避けて通れません。

#include<stdio.h>
#include <stdlib.h>

void swap(int* a, int** p) {
  int c = *a;
  *a = (**p);
  **p = c;
}

int main()
{
  void (*f)(int*, int**) = swap;

  int a = 10;
  int* b = (int*)malloc(sizeof(int));
  *b = (a * 2);

  f(&a, &b);

  free(b);

  return 0;
}

このようなプログラム、ポインタを理解している人なら全然読めるはずですが、わからない方からすると一体何をやってるのか全く分かりませんよね?

分かる人はクソみたいなプログラムということがわかると思います。

そこで、C言語のポインタの習得に役立つおすすめの参考書を紹介しますので、

  • ポインタで躓いていまにも挫折してしまいそうな方
  • なんとなくでポインタを使っている方
  • わかるけどわからない、曖昧な理解を正したい方

は、どれか一冊手に取ってみてください。


おすすめのC言語(ポインタ)参考書

初心者向け:スッキリわかるC言語入門

オススメ

おすすめ度5
対象読者C言語プログラミング初心者(ポイントが全くわからないレベル)
内容C言語基礎レベル

C言語プログラミング全般を扱う入門書ではありますが、その中にあるポインタの解説がとてもわかりやすいためおすすめです。

ポインタの学習だけのために購入するのも悪くありません。

ポインタと関連性がある文字列も詳しく解説されていますので、C言語プログラミングを始めたばかりでポインタなんてちんぷんかんぷんという方は読んでみてください。

Kindle版もあるので、Kindleアプリをインストールすればどこでも読めますよ。

中級者向け:詳説 Cポインタ

おすすめ度4.5
対象読者C言語入門書が物足りないと感じる方(中級者)
内容ポインタのみ!

オライリーは現役プログラマならほとんどのかたが知っているであろうオライリーブランドの参考書です。

プログラミングを始めたばかりの初心者向けの書籍が少ないですが、ある程度プログラミングスキルがついてきたから向けの書籍がたくさん用意されており、「詳説 Cポインタ」もその一冊です。

Cポインタをマスターするだけでならこの書籍一冊で十分なくらいボリュームが大きいので、入門書を購入するレベルではないけどポインタをあまり理解できていないという方は是非読んでみてください。

関数ポインタなどの難しいポインタを扱うスキルも身につくはずです。

初心者卒業したい方向け:C言語 ポインタ完全制覇

オススメ

おすすめ度5
対象読者ポインタを使ったカンタンなプログラムを作成できる
内容ポインタ(初級~中級レベル)

ポイントは少し使えるようになったけどまだまだ力不足、関数ポインタなんて全くわからない・今はじめて聞いたという方向けのポインタ特化の参考書です。

ポインタでつまづきやすい、躓くどころかそのまま折れて退場してしまいやすいポイントもしっかり抑えられているので、ポインタに対する理解も深められるでしょう。

現役C言語プログラマであっても、理解が曖昧な方にはとても参考になる一冊ですので、一度読んでみると今まで曖昧だった部分がわかるようになって、さらに複雑でキレイなプログラムを書けるようになるかもしれません。

上級者向け:エキスパートCプログラミング

おすすめ度4.5
対象読者スラスラプログラミングできるレベル
内容C言語応用(上級レベル)

とにかくC言語をマスターしたいならぜひ読破したい一冊です。

決して初心者向けではなくC言語プログラムをスラスラ書ける方向けの内容ですので、初心者が手を出すものではありません。ポインタを少し使えるという方も途中で挫折してしまうでしょう。

また、名著であるにも関わらず復刊されていないからか、価格がかなり高騰しています。

高騰しているということは需要があり、非常に読み応えがあって役立つということです。

ただし、本のタイトルにエキスパートと書かれているように、多少C言語を学んだ程度では全く理解できないので、初心者は手を出さないようにしましょう。

初心者なら「スッキリわかるC言語入門」を手に取ろう!

オススメ

C言語の勉強を始めたばかりで今にも挫折しそうであれば、最初に紹介した「スッキリわかるC言語入門」を読むといいでしょう。

ほかにも「明解C言語」や「苦しんで覚えるC言語」など評判の良い入門書はたくさんありますが、ポインタで挫折してしまう可能性のことを考えると「スッキリわかるC言語入門」が一番読み進めやすいです。

はじめは曖昧でもいい(ポイントの理解が曖昧な現役プログラマはたくさんいます)ので、まずはポインタを使ってかんたんなプログラムが書けるようになるところから始めてみてください。

Acceliv