WordPress管理画面(ダッシュボード)でプラグインをインストール・アンインストールする方法

WordPress 基本

WordPressはプラグインを導入して拡張することで、デザイン性や機能性・セキュリティを大幅に高めることができます。

そのため、WordPressを使うならプラグインのインストール方法・アンインストール方法は絶対に知っておかなければなりません。

そこで今回は、WordPressにプラグインをインストールする方法を解説します。

プラグインのインストール方法

今回は「Google XML Sitemaps」という超必須級のプラグインをインストールしながらやり方を解説していきます。

WordPressのプラグインはダッシュボード(管理画面)からインストールできます。

まず、ダッシュボード左メニューの[プラグイン]をクリックしましょう。

「プラグイン」の横にある[新規追加]をクリックします。

するといろんなプラグインが表示されます。ここがプラグインを検索してインストールできる画面になります。

プラグインを検索する

初めから表示されているプラグイン一覧から追加することもできますが、基本的には欲しいプラグインを検索して追加するのが一般的です。

今回はGoogleに記事を公開・更新したことを伝えるのに役立つプラグイン「Google XML Sitemaps」を検索してみましょう。

しばらく待つと、検索キーワードに関連するプラグインが一覧表示されます。

似たような名前のプラグインも多いですが、一つだけ名前が完全一致するプラグインが見つかったはずです。

プラグインをインストールする

プラグインのインストールはプラグイン名の横にある[今すぐインストール]をクリックすると行えます。

クリックしてしばらく待つとボタンが[有効化]に切り替わります。

WordPressはインストールしたらプラグインの機能を使えるのではなく、インストールした後に有効化して初めてプラグインの機能を使えるようになります。

そのため、プラグインをインストールだけして使わないときは有効化せずに置いておくことが可能です。

プラグインを有効化すると、プラグイン一覧画面に移動させられたはずです。

このプラグイン一覧を見てみると先ほどインストールした「Google XML Sitemaps」が追加されています。

これでプラグインの検索~インストール・有効化まで完了しました。

プラグインの有効化・無効化を切り替える

インストール済みのプラグインはいつでも有効化・無効化を切り替えられます。

切り替えはプラグイン一覧画面から行います。

無効化する方法

無効化する場合は、各プラグインの[停止]をクリックします。

プラグインを停止すると、停止ボタンが消えて有効化ボタンが表示されます。

有効化方法

有効化する場合は、有効化したいプラグインの[有効化]をクリックするだけです。

まとめて有効化・無効化を切り替える

一つずつではなくまとめて変更することが可能です。

まず、有効化もしくは無効化したいプラグインにチェックを入れます。

次に、プラグイン一覧の一番上・一番下どちらでもいいので「一括操作」をクリックして、一括操作内容を選択します(今回は選択したプラグインまとめて無効化します)

選択したら[適用]をクリック

これで選択したプラグインをまとめて操作することができます。

大量にプラグインをインストールしているWordPressだとかなり便利ですので覚えておきましょう。

プラグインを削除・アンインストールする

今後使うことがないだろうというプラグインは削除・アンインストールして整理します。

プラグインを停止(無効化)する

有効化中のプラグインは削除できないので事前に停止しておいてください。

>>プラグインの停止方法

削除する

停止(無効化)したプラグインは削除ボタンが表示されています。

このボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されるので、間違いがなければ[OK]をクリックします。

これでプラグインが削除されます

これがプラグインのインストール~アンインストールまでの基本的なやり方です。

まとめ

WordPressプラグインは使用する数に差はあれど、全く使わないというのはありえないくらい重要な拡張機能です。

本来であればWeb開発スキルが必要な独自機能を一瞬で追加できてしまうので、色んなプラグインを試してみてくださいね。

Acceliv