【ロゴを消せる】Bandicamの無料版と有料版の違いは?

Windows10 ソフトウェア

動画キャプチャソフトとして使いやすいBandicamは無料版と有料版の2種類が存在します。

2種類存在するということは無料版に機能制限があるということですが、具体的に何が制限されるのでしょうか?

【早見表】無料版と有料版の違い

無料版有料版
キャプチャ時間1回あたり10分まで無制限
Bandicamのウォーターマークなしで録画XO
ゲーム録画モードOO
画面録画モードOO
デバイス録画モード(WEBカメラなど)OO
静止画のキャプチャーOO
音声録音 (PC+マイク)OO
Youtubeアップロード対応OO
フレームレート制限なしなし
予約録画(タイマー)可能可能

背景色が変わっているのが無料版と有料版で異なるポイントですね。

無料版でも使える機能はたくさんありますが、Bandicamのロゴが強制挿入されたり、録画時間に制限があるといった割と痛い制限がついています。

ロゴが気にならないなら無料でOK

無料版のバンディカムを使って録画した場合は、画面上部に「www.Bandicam.com」が勝手に表示されるようになっています。

こんな感じに小さなロゴが入るようになっていますが、ロゴが気にならない場合は無料版でも十分 OK です。

クラック版を入手する危険性

もしかしたら海外の危険なサイトを漁れば無料でロゴを非表示にできる有料版Bandicamが使えるかもしれません。

  • ウイルスに感染してパソコンを破壊する可能性がある
  • 使用中のパソコン以外にも被害が広がる可能性がある(ワーム)
  • クレジットカード情報など重要な情報が盗まれる可能性がある
  • セキュリティソフトが役に立たない可能性がある

特に危険なのがセキュリティソフトが役に立たない可能性があるということです。

セキュリティソフトを入れているから大丈夫と思うかもしれませんが、それはあくまでマルウェアやトロイの木馬といったウイルスに対して有効な対策方法です。

万が一フィッシング詐欺に引っかかってしまった場合はセキュリティソフトが役に立ちません。

ですので、手がないからという理由でパソコンを壊したりクレジットカード情報が流出してしまうリスクを背負うくらいなら、4000円ちょっとで購入したほうが安全ですし、最新版を使い続けられます。

長時間録画するなら有料版必須

長時間録画したい場合は有料は必須です。

無料版でも10分経って録画が自動停止するたびに再度録画すれば無理やり長時間録画か可能ですが、正直厳しいです。

ですので10分以上続けて動画をキャプチャーしたい場合は有料版を購入するようにしましょう。

Bandicamを安く購入する方法はある?

Bandicamを安く購入する方法ですが、単品で購入する場合は割引してもらえません。

友達と一緒に買うなら安くできる

単品購入で割引を受けることができないといいましたが、あくまで単品購入に限った話です。

以下の条件どれか一つに当てはまる場合は割引を受けられます

  • 2ライセンス購入 – 2160円OFF
  • Bandicutを同時購入 – 1000円OFF
  • Bandicutを同時購入(2ライセンス)4390円OFF
  • ライセンス追加購入 – 1120円OFF

この中で一番使いやすいのはBandicamのみ2ライセンス同時購入ですね。

もし友達と一緒に購入するのであれば2ライセンス版を買って割り勘するのが賢いです。

有名実況者も使ってるキャプチャソフト

そんなBandicamですが日本でも有名なYoutuberもBandicamを使ってるみたいです。

例えば「赤髪のともさん」という方ですね。

【視聴者さんリクエスト!!】動画を編集してるとこが見たい!【赤髪のとも】

Youtuberはあまり知らないという人なら初めて見るかもしれませんが、チャンネル登録者数が全チャンネル合わせて300万人を超えているというとすごい人だということが伝わると思います。

 

撮影した動画をそのままYoutubeへアップロードすることもできますし、撮った動画をAviutlやPremiere Proなどの編集ソフトでで編集することも可能です。

フレームレート制御もできるスグレモノですので、有料のキャプチャソフトを一つ持っておきたいという場合にはかなりお勧めですよ。

関連記事
Acceliv