Apex Legends向けのおすすめゲーミングマウスパッド6選

正確なマウス操作をする上で必要になるがマウスパッド。

マウスパッドを使うことでデスク表面の細かな凹凸やトラッキングミスでマウス操作がブレることがなくなり、安定したマウス操作ができるようになります。

安定したマウス操作は、正確なエイムが必要となるApexでは必要不可欠でしょう。

そこでこの記事では、Apex Legendsプレイヤーにオススメのゲーミングマウスパッドについて紹介していきます。

ゲーミングマウスパッドの選び方

簡単にゲーミングマウスパッド選び方を見てみましょう。

マウスパッド選びで重要視すべきなのは以下の二つです。

  • 滑りやすさ
  • 大きさ

滑りやすさ

マウスパッドは種類によって摩擦力が異なり、どのマウスパッドを使うかによってマウスコントロールの精度が変わってきます。

滑りやすさを二つに分けると、あまり滑らないタイプとよく滑るタイプの2種類に分けられますが、Apexの場合はよく滑るマウスパッドの方がおすすめです。

あまり滑らないマウスパッドは細かい操作が難しく、ほんの少し動かしたいだけなのにガクッと動いてエイムがズレてしまうということがあります。

よく滑るマウスパッドであればほんの少しに力を加えただけで動いてくれるので、遠距離の相手に正確にエイムを合わせる場面などで正確にマウスコントロールしやすくなります。

Apexはリアルタイムで高い精度のマウスコントロールが必要になるほか、遠距離での撃ち合いになる場面が少なくないので、撃ち合いの勝率の事を考えると滑りやすいマウスパットの方がおすすめです。

マウスをぶん回しすぎる人は

後ろを振り向く時などにカメラが回りすぎてしまうという人には滑りやすいマウスパッドは逆効果かもしれません。

その場合は多少摩擦力のあるコントロール重視のマウスパッドを選ぶのがおすすめです。Apex内で感度調節するのが手っ取り早いですが、感度を調節したからといってエイム力が改善されるとは限らないので、滑りやすすぎないマウスパッドを選ぶのがおすすめです。

大きさ

マウスパッドには様々な大きさがありますが、これは自分のマウス感度と相談してください。

マウス感度が低い人はマウスを大きく動かすことが多いので、大きめのマウスパッドを選ばないとマウスを中央に戻す動きが頻発しますし、マウスパッドからはみ出てしまうこともでてきます。

逆にマウスの感度が高くてマウスをほとんど動かさないと言う場合は小さめのマウスパッドでも大丈夫でしょう。もちろん将来マウス感度を下げることを想定して大きめのマウスパッドを購入するのも賢い選択です。

Apex Legendsプレイヤーにおすすめのゲーミングマウスパッド6選

非表示ラベル

Razer Acari ゲーミングマウスパッド

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
大きさ
小さい
大きい

Apexプレイヤーに一番おすすめのマウスパッドがこちらRazerブランドのAcariです。

マウスに少し力を入れただけで動くように摩擦力が低くなるように設計されていて、高DPIのマウスでもかなり精密な動きができるようになります。

摩擦力のあるマウスだと少しを動かそうと思っただけで2~3mm動いてしまうことがありますが、高DPIだとその2~3mmが致命的であるため、精密操作を極めたい方は一切の妥協をせずRazer Acari ゲーミングマウスパッド使って欲しいレベルです。

こんな方にオススメ
  • カメラ操作の精度を上げたい
  • マウスを大きく動かしてもマウスパッドからはみ出ないようにしたい
  • Apexのためなら妥協したくない
  • RazerシリーズでPC周りを統一したい

Logicool G ゲーミングマウスパット G440t

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
大きさ
小さい
大きい

Logicoolのゲーミングマウスパッド。ゲーマー向けのマウスパッドということもあってマウス操作が安定しやすく滑りやすい作りになっており、大きさもそこまで大きくないちょうどいいサイズです。

ラバー素材であるためマウスパッドを長期間使っていても凸凹でマウストラッキングがぶれてしまうこともなく何回でも洗ってキレイにして使えます。

ゲーミングマウスパッドの中では価格が安く、お財布に優しいのもイチオシポイントのひとつです。

こんな方にオススメ
  • 安くて滑りやすいマウスパッドを安く買いたい
  • 高DPI設定でマウスを使っている
  • Logicool製品で統一したい

Amazonベーシック マウスパッド ゲーム用

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
対応サイズ
S
M
L
XL
XXL

Amazon独自ブランドであるAmazon Basicのマウスパッド。

Amazon Basicは高品質&低価格が売りのブランドで、コストパフォーマンスについてはトップクラスです。それなりの使い勝手でいいからコスパ有線でマウスパッドを購入したいという方はAmazon Basic一択といってもいいくらいコスパ抜群ですので、お金に余裕がない方はこちらのマウスパッドを選ぶといいでしょう。

Amazonレビュー2万件以上、平均評価5点満点中4.4点とかなり高評価であることが、ただただ安いだけの粗悪品ではないことを証明しています

こんな方にオススメ
  • とにかくコスパがいいマウスパッドが欲しい方
  • 洗いやすいコンパクトな大きさが欲しい方
  • 長い間使ってもマウスパッド本体が滑らないものが欲しい方

Razer Gigantus V2

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
対応サイズ
S
M
L
XXL
3XL

4枚のゲーミングマウスパッドがセットになったRazer製マウスパッドです。4枚入りで2000円程度とかなり安いですが、有名なRazerブランドであるため品質も十分です。

自分がどのサイズのマウスパッドと相性がいいのか分からなくても、4枚の中からマウスパットを選べるため、今までマウスパッド買ったことが無い方でも安心です。

別にマウスパッドをマウスパッドとして使わなければいけないという決まりはないため、パソコンがないデスクのデスクマットにするのもいいですし、重みのあるランチマットとしても使えるでしょう。

ゴム製なので、自分にとって大きすぎるサイズのマウスパッドはカッターでカットして使いやすいサイズ・形状に加工することもできます。

こんな方にオススメ
  • Razerで揃えたいけどできれば安いマウスパッドを買いたい方
  • 低DPI設定でマウスを大きく動かす方
  • デスクマットのように使いたい方

Xtrfy GP1 EXTRA LARGE

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
大きさ
小さい
大きい

とにかく大きいマウスパッドがこちらのXtrfyのXLサイズのゲーミングマウスパッドです。

こちらのマウスパッドはキーボードやモニター前のスピーカーまでマウスパッドの上に置くことができてしまい、デスク周りに統一感を出すことができます。

マウスパッドが大きいため、マウスを大きく動かしたりマウスを右側ではなく魔性メインに近い場所に持ってきたとしてもマウスパッドで位置調整をすることなく、快適にマウス操作が行えます。

かなり大きくて小さなデスクを使っているとマウスパッドが乗り切らない・はみ出してしまうという場合もありますが、カッターでカットして自分のデスクに会うサイズにカットすれば問題ありません。

こんな方にオススメ
  • キーボード・マウスなどモニター周りすべてカバーできる大きさを求める方
  • 大きいマウスパッドをカッターで切って複数枚使えるようにしたい方
  • 表面の摩擦がほとんどないマウスパッドが欲しい方

BenQ ゲーミングマウスパッド

滑りやすさ
コントロール重視
滑りやすい
大きさ
小さい
大きい

マウスパッドは利便性重視であることが多いため、デザインがシンプルなものがほとんどです。マウスパッドの多くが黒一色・藍色一色・マウスパッドの端にLogicoolなどのロゴが入っているだけ、というパターンでしょう。

ですがこちらのマウスパッドはおしゃれなデザインになっており、地味になりがちなデスク周りを明るくすることができます。

落ち着いたディープブルーカラーデザインなので、どんなデスクでも馴染みやすく、ほかの方が使っているマウスパッドとは差別化してオシャレに整えていきたい方におすすめです。

こんな方にオススメ
  • おしゃれなマウスパッドが欲しい方
  • 低DPIマウスで精密なコントロールをしたい方
  • マウスのカメラ移動でカメラが回りすぎてしまう方

Apex向けマウスパッド導入でランク上げ!!

自分に合ったマウスパッドをプレイ環境に導入し、より快適な環境でApexを遊べたら万々歳です。

たかがマウスパッドと思うかもしれませんが、そのマウスパッド一つでApexのエイムがうまくなるかどうかも関わってくるので、Apexテクニックをもっと磨いていきたいのであれば、マウスパッドもしっかりしたものを導入するようにしてください。

最後にランキング1位として紹介したゲーミングマウスパッドを掲載しておきます。

カテゴリー: