かむかむレモンは体に悪い?ビタミンCを摂りすぎても大丈夫か解説

一粒にビタミンC200mg(レモン10個分)も含まれているかむかむレモン。

とても美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうという人も多いでしょう。

そこでふと気になるのが、などがかむかむレモンを食べ過ぎると体に悪いのかという問題です。

今回はかむかむレモンは体に悪いのか、食べる場合は1日あたりどれくらいに留めておいた方がいいのか解説していきます。

かむかむレモンは体に悪いのか?

かむかむレモン美味しく食べていると、ふと頭に浮かぶこともある「かむかむレモン 食べ過ぎヤバい説」ですが、結論から言うと問題ありません。

かむかむレモンに含まれているビタミンCは過剰摂取による健康被害がなく、最悪でもお腹を少し下す・吐き気がする程度です。

一時期、ビタミン C を摂りすぎると尿管結石になりやすくなるという説が出回りましたが、これは誤解を招くための嘘に近い表現だったので問題ありません(研究でもビタミンCとの関連性が否定されています)


参考:A prospective study of the intake of vitamins C and B6, and the risk of kidney stones in men.

かむかむレモンに含まれているのがビタミンCではなくビタミンBであれば、過剰摂取したときに筋肉量の定価・感覚神経障害などの健康被害を引き起こすリスクがありますが、幸いにもビタミンCにはありません。

ビタミンCは摂りすぎても問題ない

かむかむレモンは1粒でレモン10個分のビタミンC(200mg)が含まれているわけですが、別にビタミンCは取り過ぎても問題ないのです。

ほとんどの栄養成分は摂りすぎると体に毒なのですが、ビタミンCは例外の一つで過剰摂取しても摂りすぎた分は体外に出ていくだけです。

肥満や尿管結石の原因になることはありません。

あまりに早いペースで大量に摂取すると、一時的に下痢や吐き気を引き起こす可能性はあります。

12歳以上の男性・女性が摂取すべきビタミンCは1日あたり100mgとされていますが、これは「最低限摂取しておきたい推奨量」であり、これ以上摂取すると健康を害する量というわけではありません。

もし「100mg以上摂取すると健康を維持できなくなる」であれば、一粒でビタミンC200mgも摂れてしまうかむかむレモンは一発アウトです。

トイレが近くなりやすい

必要以上に摂りすぎたビタミンCによって健康が害されることはないのですが、摂りすぎたビタミンCは体内に留めておくことができないため、尿などを通して体外に排出されます。

その関係でかむかむレモンを食べるとトイレが近くなりやすく、何度もトイレに行くことになるでしょう。

仕事中などにつまみやすいかむかむレモンですが、会議中など肝心な時にトイレが近くなることが多くなるので、そういったあまりトイレに行きずらいタイミングの時は食べる量や時間を考えたほうがいいかもしれません。

注目すべきはビタミンCより炭水化物

太りやすい・代謝が弱い・体を動かさない人(テレワークで在宅勤務している人など)はビタミンCの量よりも炭水化物の量を気にした方がいいかもしれません。

かむかむレモンは1袋30gあたり、炭水化物が27.4g含まれています。

普通に朝昼夕3食食べた上でかむかむレモン2~3袋を毎日食べる程度なら問題ありませんが、ボトル2本(240g)レベルになると少し炭水化物の摂り過ぎに気をつけたほうがいいかもしれません。

成人が1日に摂取すべき炭水化物は約250~320gとされていますが、かむかむレモンは1袋(30g)あたり27.4gの炭水化物が入っています。

炭水化物は普通に三食食べていると150~250g程度は摂取していることが多いので、そこにかむかむレモンボトル2本分の炭水化物(219.2g)が加わると結構な量になります。

普段から体を動かしていたり、よく食べる生活を続けている代謝の良い人はたくさん摂取した炭水化物を消費していくので肥満になることは少ないですが、太りやすい人やダイエット直後でリバウンドしやすい体になっている(お腹に皮が残っている)人は毎日食べるにしても多くて1~2袋程度にとどめておきましょう。

一気にたくさん食べるのはやめておこう

かむかむレモンはビタミンCがどうこう以前に、美味しいからよく食べているという人もいるでしょう。

美味しいのでたまには一気に口の中に流し込んで食べてみたい、2袋以上まとめて食べたいという人もいるはずですが、いくら健康被害がないビタミンCといえど一気に食べるのはやめておきましょう。

体内に吸収できないビタミンCを体外に排出しようとしますが、あまりに量が多いとビタミンCの排出がある程度終わるまで吐き気や下痢が続きます。

かむかむレモンは一袋で2400mgもあるので、2袋以上一気に食べるとトイレと仲良くなってしまう可能性が高いです。

一度に食べるのが1袋なら平気なこと(トイレが近くなる程度)も多いですが、2袋以上食べたい場合は時間を開けてから食べるようにしてください。

毎日2袋までなら特に問題なし

かむかむレモンは間食などに食べられるお菓子。一気食いしないなら2袋程度は問題ありません。

2袋分のかむかむレモンを一気に口に流し込んで食べるようなことをすれば、幸福感とともにもれなく腹痛と吐き気のアンハッピーセットが付いてきますが、所詮その程度です。

もし、かむかむレモンに含まれているのがビタミンCではなく、ビタミンBやビタミンDであれば過剰摂取による障害レベルの健康被害のリスクがありますが、含まれているのはビタミンCなので気にする必要はありません。

ちなみにAmazon楽天などの通販サイトで箱買いできるので、いつでも食べれるように大量にストックしておきたいという方は箱買いしておくのがおすすめです。

賞味期限が非常に長いので、買ったはいいけど食べきれないというのはまず無いでしょう。

かむかむ
¥1,200 (2021/10/16 16:28:44時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: