うにがスーパーに売ってないワケ | 国産ウニを確実に購入する方法も解説

高級食材のひとつ「ウニ」

ウニを大量に使ったウニ丼などを贅沢に食べたい方も多いでしょう。

そんなウニですが、スーパーに行けばあるだろうと思って行ってみたら全然売っていなくて買えなかったなんて方は多いのではないでしょうか。

今回は、ウニはスーパーに売られているのかどうかについて解説していきます。

スーパーの海産物は日によって売っている商品が異なる

ウニを売っているスーパーですが、大前提として海産物は日によって売っている商品が異なります。

海産物は全然日持ちしない食材ということもあり、仕入れる商品の種類は安定しません。不漁が続く商品はスーパーで見かける機会が少なくなる上に価格も高騰しますし、大漁だった商品は大量に売り場に並べられるどころか、普段よりも安く買えてしまいます。

それはウニも例外ではありません。

ウニが全然採れない時期はウニがスーパーに並ぶことは少ないですし、並んでいたとしても高いです。ウニよりも仕入れる優先度が高い商品があれば、そちらの商品を優先的に仕入れることでしょう。

マグロやハマチ・イカなどのよく見かける海産物と比べるとウニがスーパーの売場に並んでる可能性は低いので、タイミングによっては根気よく探す必要があります。

うにを売っているスーパーの特徴

ウニは色んなスーパーに売られていますが、ウニを売っていることがあるスーパーの特徴について簡単に紹介します。

ウニを送っていることが多いスーパーでよく見られるのが以下の二つです。

  • 海鮮魚介類の売り場が広い
  • 魚介類を扱う厨房がある

海鮮・魚介類の売り場が広い

魚介類の売り場が広いスーパーは、いろんな種類の海鮮・魚介類を販売しているので、仕入れている商品の種類も豊富です。

その分仕入れられる商品の種類にも余裕があり、ウニを仕入れていることが多いです。

ただしスーパーによっては量が異なり、小さな容器に少しだけ入っている場合もあれば、他の刺身と同じような容器にたくさん詰め込まれていることもあります。

どれくらいの量で販売されているかどうかはスーパーによって異なるので、売っている店舗を見つけて確かめるしかありません。

海産物なので毎日売っているとは限らないことにも注意。仕入れられない日は売ってません。

旬に合わせて様々な魚介類を仕入れている

海鮮・魚介類の商品の中には一年中流通しているものもあれば特定の季節以外は仕入れることが難しい商品があります。

季節に合わせて柔軟に品揃えを変化させているスーパーは不定期にあまり仕入れない珍しい商品を仕入れていることも多く、ウニも例外ではありません。

捌いた状態のウニを売っていることもあれば、捌かれていないそのままのウニを扱っていることもあります。

ウニを売っている日かどうかは毎日チェックしないとわからないことに関しては度のスーパーも同じですが、普段行っているスーパーの海鮮・魚介類の売り場で珍しい商品を見かけることがある場合は要チェックです。

美味しいウニは産地直送通販で買おう

ウニは定期的にスーパーに行くなどをして根気よく探せば買えますが、確実かつとにかく美味しいウニを食べたいなら産地直送の通販サイトで買うべきでしょう。

スーパーに売られているウニももちろん新鮮ですが、産地から直送されてきたウニと比べると鮮度は負けるでしょう。

産地直送対応の通販で探すのは大変と思うかもしれませんが、ポケットマルシェを使えば簡単に見つけることができます。

ポケットマルシェ生産者から直接食材を購入できる産地直送通販サイトで、ポケットマルシェでウニを買えば、スーパーなどを通さず直接購入できます。

加工前であることがほとんどなので、ミョウバンなどの添加物が入ってないこともポイント!

美味しいウニを産地から直接買えてしまうので、美味しいうにを食べたい場合はスーパーなどで買うより産地直送通販サイトであるポケットマルシェで注文するといいでしょう。

Amazonや楽天でも購入可能

実はAmazonや楽天でも新鮮な国産ウニを購入できます。

品揃えも多く、産地直送商品も多数あるので、Amazonや楽天での注文・購入に慣れている方はこちらで購入してみてもいいでしょう。

Amazonや楽天などの大型ネットショップでは1年中365日ウニを取り扱っていることが多いです

通常の生うにに限らず、スーパーで見かけることは少ないウニ瓶もあるのでオススメです。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: