いちごが売ってない!夏や秋にいちごを買うことは可能?

イチゴを買いたいのにスーパーに全然売っていない。

残念ながらよくあることです。

そこで今回は、イチゴはどの時期に売っていないのか、そして季節別オススメのいちご購入方法を紹介していきます。

いちごが売っていない時期

いわゆる旬じゃない時期といちごの需要が減る時期です。

具体的には、クリスマスシーズンといちごの旬である春以外はあまりいちごが売られていません。

12月は全くと言っていいほどいちごの旬ではない時期なのですが、クリスマスケーキに使う方が多くいるので、価格は高いもののいちごが売られています。

逆に夏や秋といったいちごの特需が発生するわけでもなければ旬でもない時期はあまりいちごが売られていません。

スーパーに行ってもイチゴが売り切れているどころか、そもそも売り場が存在しないということもあるでしょう。

季節別オススメのいちご購入方法

いちごはクリスマスシーズンと春以外は購入しづらいですが、購入しずらいというだけであってまったく購入できないというワケではありません。

極端な話、いちごが全く市場に出回らないならケーキ屋さんはイチゴのショートケーキなどを販売できませんよね?

続いては、春夏秋冬の季節別にイチゴを購入するおすすめの方法を紹介していきます。

春(3月~5月)

春はいちごの旬の時期。

特に何も考えずスーパーに行くとだいたいいちごが売られています。

いちごの入荷が始まって間もない頃は多くの方がイチゴをたくさん買おうとする可能性があるので売り切れる可能性もありますが、ある程度落ち着いてくる3月後半~4月になると安定していちごを購入することができるでしょう。

夏 (6月~8月)

夏はいちごの旬から外れた季節の1つ。

生野いちごがスーパーに並ぶことはほとんど無いでしょう。あったとしてもすぐに売り切れる。仕入れ数が少なくて高騰しているケースがほとんどです。

楽天などのネットショッピングサイトでは、夏いちごとして販売されているイチゴを購入できますが、ネットで購入できるいちご基本的にブランドが付いているので価格が高いです。

お金に余裕がある人以外は、日常的に食べるいちごとしては向いていないでしょう。

業務スーパーがオススメ

業務スーパーには500g単位で販売されている冷凍イチゴが存在します。

引用 – macaroni

業務スーパーに行き慣れている方はこのようなパッケージを見たことがある方もいるかもしれません。

業務スーパーの冷凍イチゴは旬に関係なく仕入れている業務スーパーならいつでも売っているので、イチゴが売っていなくて困っているという方にも安心です。

いちごは冷凍すると美味しくなくなると思うかもしれませんが、いちごはその逆であり、冷凍すると長期間元々の味を保つことが可能です。

イチゴは水分が多い果物なので、冷凍保存したほうが鮮度の栄養分・味が劣化しにくいのです。

秋 (9月~11月)

秋もイチゴのシーズンとはかけ離れた時期。普通のスーパーに売っていることは少ないでしょう。

秋も夏と同じようにどうしてもいちごが欲しいなら業務スーパーでイチゴを買うことをおすすめします。

普通のスーパーで購入する事は難しいですが業務スーパーの冷凍いちごなら一年中売られているので、高級ブランドしか買いたくないという方でなければ冷凍いちごを買ってもいいでしょう。

ちなみに、スーパーによっては11月後半からクリスマスシーズンに備えて入荷したイチゴを売り出し始めることがあります。

11月後半からいちごを売り始めるスーパーは多いとは言えませんが、12月が近づいてきたら少しスーパーをチェックしてもいいかもしれません。

冬 (12月~2月)

冬はイチゴのシーズンではないものの、クリスマスシーズンや行事ごとが多数あることから、イチゴを取り扱っているスーパーは多いです。

クリスマスシーズンの12月に限らず1月・2月も普通に売っている可能性が高いでしょう。そのままいちごの旬である春にかけて販売され続けるので、12月~5月ぐらいがいちごを買いやすい時期と言っても過言ではありません。

業務スーパーの冷凍イチゴを買うならはちみつもセットで!

業務スーパーの冷凍イチゴは500gで200円台とかなり安いですが、甘さが控えめです。

業務スーパーの冷凍いちごを使う方は一緒にはちみつを使っている方も多いので、甘いイチゴを食べたい場合は蜂蜜もセットで購入すると良いでしょう。

買い貯めして冷凍保存するのもアリ

イチゴは水分を多く含む果物の一つなので、冷凍保存が有効です。

冷蔵・冷凍どちらが良いかとなると圧倒的に冷凍になるくらいでしょう。

冷蔵の場合、鮮度はある程度保たれますが、徐々に水分がいちごの中から抜けていくのであまり長持ちしません。早くて3~4日で痛み始めることもあります。

保存方法が悪ければ2~3日で痛むこともあります

ですが、冷凍保存であれば30~60日程度冷凍保存することができ、旬が過ぎた時期でもイチゴを食べることができます。

冷凍する際、一工夫するといちごのおいしさを保ったままに冷凍できるので、イチゴを冷凍保存することを考えている方は以下の記事をチェックしてみるといいかもしれません。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: