ナンバーズ4で大量購入すると当選確率はどうなる?上がる?

ナンバーズ4はジャンボ宝くじと比べて100円安い1枚200円であるため、毎回複数枚買っている方も多い宝くじの一つです。

そんなナンバーズ4ですが、抽選数字の組み合わせの数は決まっているため、一度に大量購入すれば当選確率を上げることができます。

ですが、大量購入しても数字の組み合わせよりによっては当選確率が思ったより上がらないということもあります。

そこで今回は、

  • ナンバーズ4で大量購入する際のポイント
  • 大量購入でクイックピックをおすすめできないワケ
  • 1度に100枚買うのと1枚購入を100日続けた場合の当選確率の差

の3つについて解説していきます。

ナンバーズ4で大量購入する際のポイント

ナンバーズ4で大量購入する際のポイントはストレートがボックスで異なります。

ストレートは簡単で、異なる数字を選べばいいだけです。面倒ならクイックピックを使っても良いでしょう。

ボックスの場合は少し工夫が必要で、以下のポイントを抑えるのが当選確率を高めるコツになります。

  • 並び替えても同じ数字にならない数字を選ぶ
  • 4桁の数字全て異なる数字にする

この2つがボックスで大量購入する際のポイントになります。

特に重要なのが4桁の数字全て異なる数字にするというポイントです。

ナンバーズ4のボックスは数字の順番が関係ないため、数字を並び替えてできる組み合わせが多ければ多いほど当選確率が高まります。

ナンバーズ4ボックス当選確率一覧
  • すべて異なる数字(例:1234):10,000分の24
  • 同じ数字が2つ(例:1123):10,000分の12
  • 2つの数字だけ(例:1122):10,000分の6
  • 同じ数字が3つ(例:1112):10,000分の4
  • 同じ数字が4つ(例:1111):10,000分の1

このように、同じ数字がいくつあるかによって当選確率が下がっていくのでボックスで大量購入する場合は覚えておきましょう。

一度に100枚買うのと1枚購入を100日続けるのはどっちが得?

一見すると同じことと思うかもしれませんが、確率には差があります。

カンタンに、引くたびに引いたくじを戻してシャッフルされる10本のくじ引きで考えてみましょう。

この場合、同時に10本引いた場合は10本のくじ全部引くことになるので、当選確率は100%です。

ですが、一本くじを引くたびに戻してシャッフルするのを10回繰り返す場合は100%にはならないのです。

実際に当たりくじが一本だと仮定して計算すると、

  1. ハズレは10本中9本あるので、外れる確率は90%
  2. 2回連続で外れる確率は90%を2回引き当てることなので、$0.9 × 0.9 = 0.81$ で81%となります
  3. 90%を10連続で引き続ける場合は $0.9^{10}$をすれば求めることができ、計算結果が約34.9%
  4. 100% – 34.9を計算すると、10回のうちに1回当たりを引く確率を計算できます
  5. 計算結果は65.1%。10回挑戦して1回あたりを引ける確率は約65.1%となります

このように、 一回くじを引くたびに戻してシャッフルするのを10回繰り返す場合の確率は100%にならないどころか、約65%とかなり低いのです。

これは1万本のくじ引きを行うナンバーズ4でも同じことを言うことができ、確率上は一度に大量購入した方が当選確率が上がりやすいのです。

ナンバーズ4を毎回1枚だけストレートで購入するのを1万回繰り返した場合も当選確率は約65%になります。100%にはなりません

一度に購入する本数が多ければ多いほど当選確率が高くなるので、本気で当選を狙うのであれば継続購入ではなく、あるタイミングで大量購入するほうが当選しやすくなっています。

例えば1ヶ月間にナンバーズ4の抽選日が20回あった場合、毎日1枚~数枚ずつ買うのではなく1ヶ月1回のペースで1ヶ月分のナンバーズ4をまとめ買いしたほうが当選確率が確実に上がります

大量購入でクイックピックおすすめしない理由

ナンバーズ4を大量購入する場合、一つ一つ番号を選ぶのが大変です。

そのため面倒くさかってクイックピックを選んでしまう方も多いですが、ボックスで大量購入する場合はクイックピックはやめたほうがいいでしょう。

クイックピックは本当にランダムに数字が選択されますが、数字の組み合わせによっては当選確率が低くなるものや他の数字と重複してしまうことがあります。

ナンバーズ4の数字の組み合わせは0000~9999までの1万通りありますが、ボックスの組み合わせは715通りしかありません。

ボックスは数字の並びが関係ないので、思っているよりも数字の組み合わせの種類が少ないのです。

715通りしかない数字の組み合わせをクイックピックで選んでしまうと、購入枚数によっては結構な確率で重複しやすく、当選確率を下げてしまいがちです。

また、ボックス抽選は同じ数字が二つ以上あると当選確率が下がる仕組みになっているので、当選確率を上げるための大量購入でクイックピックをするメリットはあまりないのです。

一切かぶらない数字の組み合わせの見つけ方

見つけ方は一つ。

ナンバーズ4のボックスの出る組み合わせを把握することです。

大量購入する場合は何も考えずに数字を選んでいってしまうと当選確率が低い組み合わせや、ほかの数字の組み合わせとかぶってしまうことがあります。

例えば「3142」という数字を選んだが、既に「1234」を買っていたときです。

「3142」は並び替えると「1234」にもなるので、ボックス狙いでは全く同じ組み合わせなのです。

こういった重複する組み合わせを完ペキに避けて数字の組み合わせを選ぶには、4桁の数字の組み合わせを把握しておかなければなりません。

ボックス数字の組み合わせは意外にも少なく、ストレートが1万通り存在するに対してボックスは715通りしかありません。

ボックス狙いの複数枚購入において、当選確率を最大限に高めるには、

  • 重複しないボックス数字の組み合わせ
  • 一つの組み合わせにつき、4桁の数字全て異なる数字を使う(例:1234・2468)

この2つがポイントなので、早見表を見ながら数字を選ぶようにすれば効率良く重複のない数字を選ぶことができるでしょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: