WordPress・ブログに埋め込んだツイートのリンク切れを防ぐ方法

WordPressやブログなどには簡単に Twitter のツイートを埋め込むことができます。

例えば以下のような感じですね。

このように簡単に CSS で整形されたツイートを埋め込むことができるんですが、以下の条件のうちいずれかを満たしてしまうと埋め込んだツイートが表示されなくなってしまいます。

埋め込みツイートが表示されなくなる条件
  • 踏み込んだツイートが削除される
  • ツイート元のアカウントが凍結される
  • ツイート元とのアカウントが鍵垢になって非公開になる
  • ツイート元アカウントのIDが変更される

このいずれかの条件を満たしてしまうと埋め込んだツイートが正しく表示されなくなってしまうのです。

特にWordPressの場合はEmbed機能によってURL一行で埋め込みできるようになっているため、ツイートが削除されるなどの要因で表示されなくなると、URLだけが文章中に野ざらしになってしまいます。

ツイートが埋め込まれず、URLのままになっている

WordPressであれば、こういったリンク切れになってるツイートを自動的に検出するのに便利な「Broken Link Checker」というプラグインがあるのですが、リンク切れになっているツイートが見つかるということは、ツイートの差し替え・削除の手間が発生するわけです。

正直言って面倒という方も多いでしょう。

無料ブログサービスなど、リンク切れを自動的にチェックできるプラグインを利用できない環境だとさらに大変です。

ほとんどの方はリンク切れツイートをチェックせず放置することになるでしょう。

ここでは、ツイートの埋め込みで削除・差し替えなど面倒な手順を全て無くせる便利な方法を紹介します。

ツイートを画像化して埋め込もう

一番ベストな方法ツイート画像化して埋め込み方法です。

画像化してしまえばツイートが削除されてもアカウントIDを変更されても埋め込んだツイートが表示されなくなることがありません。

アカウント名も画像化した時点のもので固定化されるので、ツイッター名変更によるアドセンス狩りに合わなくなるメリットもあります

もちろん他のツイートに差し替える必要もありません。

Tweet Imageを使うのがオススメ

ツイートの画像化はスクリーンショットソフトやChrome拡張機能・Firefoxアドオンなど、どの方法でも構いませんが、オススメなのはTweet Imageというサービスを使って画像化する方法です。

このツールは画像サイズを指定して該当のツイートを無駄な余白無しで画像化することができます。

スクリーンショットだとマウスを細かく動かして変な余白がないようにキャプチャーしないといけませんが、Tweet Imageならその必要はありません。

元のツイートと見た目が全く同じ画像をダウンロードできる

ツイートURLと生成する画像の幅などを指定すれば画像化完了です。

こちらのツールはブラウザから利用できるので、スマホからでも全く同じデザインのツイート画像を生成することが可能です。

オプションも多数用意されていて、例えばHIDE CARDをTrueにするとツイート内のリンクカードが非表示になったツイート画像を生成できます。

リンクカードがただのURLになっている

かなり使い勝手が良いので、ツイートのリンク切れを修正する作業が毎回面倒に感じているという方は、Tweet Imageなどを使い、画像化してから埋め込むといいでしょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: