ITパスポート試験総合評価点600点超えでも不合格になる理由

IT系国家資格の中の入門的な位置付けであるITパスポート。

ITパスポート試験は1000点満点のテストであり、600点以上を取ることができれば合格できる試験です。

ですが、ITパスポートの合格条件はそれだけではないため、1000点満点中600点を超えていても不合格になってしまうことがあります。

今回は、600点以上獲得したにもかかわらず不合格になってしまう条件・理由について解説します。

ITパスポートで600点以上とっても不合格になる理由

ITパスポート試験で600点以上取ったにもかかわらず不合格になってしまうのは、分野別得点の足切りラインに引っかかってしまったときです。

ITパスポートは1000点満点中600点以上取る合格条件とは別に分野別の足切りラインが設定されています。

ITパスポート試験はテクノロジ・マネジメント・ストラテジの3種類の分野に明確に分けられた上で出題されますが、1分野だけでも足切りラインとなる点数を下回っていると、ほかがどれだけ優れていても不合格になります。

気になる足切りラインですが、各分野の足切りラインは300点となっています。

100点満点のテストで例えると、30点未満の点数を取ると赤点になって合格できないというものです。

3分野全てで赤点を回避しないとITパスポートに合格できないようになっており、これこそが総合600点を上回っていても不合格になってしまう理由です。

610点だろうが700点以上とろうが、分野別足切りラインを下回っている分野が1つでもあればアウトです。

苦手分野を放置して得意分野を伸ばそうとすると、足切りラインに引っかかりやすくなるので注意が必要です

各分野3割以上合格できてたら問題なし

各分野1000点満点中300点取ればいいので、それぞれ3割以上正解できれば不合格ラインを突破できることになります。

例えばテクノロジ42問・マネジメント36問・ストラテジ22問だった場合は、以下のようになります。

  • ストラテジ:14問以上正解
  • マネジメント:12問以上正解
  • ストラテジ:8問以上正解

これで不合格ラインを突破できるので、あとは総合点を600点以上にすればITパスポート合格です。

ですので、ITパスポートの合格条件を改めて整理すると以下のようになります。

ITパスポート合格条件

※テクノロジ42問・マネジメント36問・ストラテジ22問だったとします

  • ストラテジ:14問以上正解
  • マネジメント:12問以上正解
  • ストラテジ:8問以上正解
  • 合計60問以上正解

上記の条件を満たせばITパスポートに合格できます。

厳密な点数計算はIRT方式によって細かく設定されていますが、受験者が最後まで知ることのない情報なので、基本的には問題数ベースで合格ラインを計算するのがオススメです。

各分野の合格点を目標に勉強しよう

ITパスポートは総合600点以上で合格ではありますが、それは各分野の足切りラインを上回っていたらの話です。

極端な話、テクノロジ満点・ストラテジ満点・マネジメント0点で総合評価点700点だったとしても不合格になるので、バランスよく勉強することが大切です。

ITパスポートの勉強を進めていくにつれて中々点数を伸ばせない分野・難しい分野がはっきりしてくるので、その段階に来たら苦手分野を重点的に対策して不合格ラインは必ず突破できるようにしておきましょう。

80点取れるテストを20点伸ばして100点にするよりも、20点しか取れないテストを40点に伸ばすほうが圧倒的に簡単です。

ある程度十分な点数を取れない分野は一旦置いて苦手分野を伸ばすことでITパスポートの合格に近づけるでしょう。

参考書でなかなか覚えられない方は動画講座に頼ること

苦手分野の勉強というのは、どうしてもモチベーションを保ちにくいです。

苦手だということを意識して勉強することになるので、参考書を使った勉強だとうまく知識がつかない・復習してから過去問を受け直してもなかなか点数が上がらないという方も多いでしょう。

そういう場合は動画講座を利用すればいいかもしれません。

スクールに通うのは高額すぎるのでおすすめしませんが、動画講座であれば参考書と同じような価格で視聴することができます。

解説を直接聞きながら勉強することができるので、参考書だとイマイチ理解できなかったことでもスルスルと頭の中に入っていきやすいです。

今紹介したUdemyの動画講座はテクノロジー・マネジメント・ストラテジー全てに対応しているので、苦手分野の点数をあげるのに手こずっている、試験日が近いのでできるだけすぐに苦手分野を対策したいという方は動画講座を利用してみるのがオススメです

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: