メニュー

でかいゴキブリが1匹でたけどヤバい!?実は大丈夫な可能性アリ

家の中に突然大きなゴキブリが出て大騒ぎになった方もいるのではないでしょうか。

生ゴミもしっかりと処分して清潔にしている完璧な家庭でも、どこからともなく湧いてくるゴキブリ。

しっかり対策しているのに大きなクロゴキブリが一匹突然姿を表してパニックになった方も多いでしょう。

そもそもなぜ小さなゴキブリではなく大きなゴキブリを見かけるのか知っていますか?

小さなゴキブリではなく大人サイズの大きなゴキブリと遭遇することについて、実はワケがあるのです。

今回は突然一匹だけ湧いてくる大きなゴキブリについて解説します。

目次から探す

大きなゴキブリは外から迷い込んできた可能性が高い

見た目が黒くて大きなゴキブリはおそらくクロゴキブリと呼ばれるものでしょう。

おそらく不快になるのでクロゴキブリの写真は載せませんが、大きくで黒光りしたゴキブリはクロゴキブリと思ってもらって構いません。

そんなクロゴキブリですが、実は家の中で産まれたものではなく外からやってきた可能性が高いです。

ゴキブリは家の中で繁殖したものがリビングやキッチンなどに顔を出すものと思うかもしれませんが、実は外からやってくるゴキブリも多いのです。

少し小さいけど子供には見えないゴキブリはチャバネの可能性あり

やってくるゴキブリはクロゴキブリだけとは限りません。

少し小さめで茶色いのが特徴的なチャバネゴキブリが侵入することもあります。チャバネは家より飲食店の厨房などに湧きやすいですが、クロゴキブリよりも繁殖力が高いため、かなり厄介です。

チャバネは業者を呼ぶレベル

少し小さめのチャバネも大きなクロゴキブリと同じようにゴキジェットなどで駆除できますが、チャバネはいかんせん数が多いうえに繁殖力が常軌を逸しているので、ゴキブリホイホイどころかバルサンを炊いても埒が明かない可能性があります。

この場合は害虫駆除専門の業者を呼ぶべき案件なので、ゴキブリに悩まされたくない場合は害虫駆除業者を呼んで対策してください。

一般家庭規模であれば、一度の依頼で全駆除・その後はほぼでなくなります。

チャバネはクロゴキブリより繁殖力が高いので、早めに手を打つことを推奨します。

無料診断 最短30分! 24時間365日全国対応

発見したらすぐに駆除しないといけない理由

外から迷い込んできたゴキブリということは、少なくとも家の中で繁殖して出てきたゴキブリではないということです。

そのため、外から迷い込んできたゴキブリを卵を生む前に駆除してしまえば家の中にゴキブリがたくさん湧いてしまうことはないでしょう。

ですが、それは発見したゴキブリをすかさず駆除したらの話です。駆除できなかった場合は大きな問題になります。

卵を産み付けられたら大変なことに

一番まずいのは卵を産み付けられてしまう問題です。

家の中に迷い込んできたゴキブリが卵を産み落とした場合、その卵から数十匹の新しいゴキブリが産まれてくるのでそれはもう大変なことになります。

大きなゴキブリではなく明らかに未成熟な子供のゴキブリを見かけた場合、外からやってきたのではなく家の中で繁殖したゴキブリの可能性があるので、ゴキブリホイホイやブラックキャップなどの駆除アイテムを使う・バルサンを炊くなどの対策をすることを推奨します。

オスのゴキブリなら増えない

卵を産むゴキブリはメスだけです。

一部のゴキブリはメスだけで繁殖することが可能な生き物ですが、オスだけでは繁殖できません。

ゴキブリは雄から雌に性転換して卵を産めるという噂がありますが、ゴキブリは性転換する能力を持っていません。性転換ではなくメスのみで繁殖する単為生殖たんいせいしょく能力を持っています

また、家の中に侵入してくることが多いクロゴキブリやチャバネゴキブリは単為生殖能力を持っていないので、オスとメスの二匹がセット、もしくは卵持ちのメスが侵入してこない限りは家の中で繁殖することはありません。

大きなゴキブリ1匹ならまだセーフライン

ゴキブリを一匹見つけたら50匹・100匹はいると言われますが、見つけたゴキブリが大きなクロゴキブリであればその可能性は高くありません。

そのため見つけたのが一匹だけであればセーフの可能性が高いです。

ゴキブリを一匹見つけたら50匹・100匹はいると言われるのは子供のゴキブリが家の中にいた時なので、この場合は注意して対策しなければならないでしょう。

ゴキブリの侵入を防ぐには?

ゴキブリはいきなり家の中で自然発生するのではなく、換気扇や玄関のドアの隙間など、外から入り込んできたものが繁殖していきます。

そのため、ゴキブリが外から迷い好まないように対策しておけば、家の中でゴキブリに遭遇する確率を減らせるのです。

侵入される可能性が減るということは駆除の必要も減りますし、家に住み着いて卵を産み落とされることも減ります。

迷い込んでくることは仕方ないとしても、仕方ないで片付けたくないですよね。侵入された挙げ句、住み着かれて卵を産み落とされてしまったら、その年はゴキブリに悩まされ続けることになります。

そういう方は「まちぶせくん PROスプレー」「ゴキブリ ワンプッシュ PLUS」などのトラップ型の殺虫剤を使うのがオススメです。

スプレーした場所の上を通ったゴキブリが徐々に毒に侵されていって、最終的にそのまま殺すことができます。

そのスプレーを玄関のドアの隙間や窓のサッシの隙間・換気扇などに振っておけば、ゴキブリが嫌がってそこから侵入しようとしない・侵入しても毒によってだんだん衰弱していき、発見した頃には瀕死 or 死んでいる可能性が高いです。

キンチョールやゴキジェットなどはゴキブリを見つけて狙い撃ちするタイプなので、ゴキブリに侵入されてからでないと使えないというデメリットがあります。

ブラックキャップやゴキブリホイホイも同様に侵入された前提の対策なので、殺しても殺してもどんどんワイてきてしまいます

そのため、侵入前提の対策の場合は、見つけたゴキブリは殺せても、そのゴキブリは数日前からすでに侵入していてすでに卵を産み落としていたということになってしまい、定期的にゴキブリと遭遇する状態になってしまうのです。

ですが、侵入されないように対策しておけばその心配はありません。

まちぶせくん PROスプレー」などのトラップ型のゴキブリ駆除スプレーを使って、侵入させないようにする対策をしておけば家の中でゴキブリと遭遇することは少なくなるでしょう。

目次から探す
閉じる