【ファミリー向け】SwitchのYouTubeで視聴できる動画に制限をかける

無料でYouTubeの動画を好きなように視聴できるYouTube。YouTubeはいい時間つぶしにもなるため使っている方も多いでしょう。

ですが、YouTubeは良くも悪くも色んな動画を見ることができます。

ここで言う悪い動画とは、R-18指定されるほどではない青年向けの動画やグロテスクな描写を含む動画などです。

R-18指定を受けるような動画はYouTubeによって公開前から削除されるので滅多なことがない限り表示されることはないですが、R-17指定以下の動画は普通にYouTubeで視聴することが可能です。

ですが、まだ物心ついたばかりの子供には見せたくないという動画もたくさんあるでしょう。

YouTubeには、そういった動画を視聴させないようにするための制限付きモードが用意されています。

YouTubeを制限付きモードに切り替える方法

YouTubeを制限付きモードに切り替える方法は簡単です。

  1. YouTubeアプリを開いて右下のを選択
  2. 制限付きモードのメニューを開きます
  3. 制限付きモードオンに変えたら変更完了

これで、過激な動画やセンシティブな動画がホーム画面・検索結果に表示されなくなって、視聴できる動画が制限された状態になります。

偶然目に入ったというケースでも、あまり過激な動画を視聴してほしくないという場合は制限付きモードに切り替えた上でSwitchをもたせるようにするといいでしょう。

カテゴリー:
関連記事