Live2Dエディタ「Cubism Editor」のダウンロード・導入方法

Live2Dデータを定着するためには欠かせないLive2Dエディタ「Cubism Editorキュビズムエディター

Live2Dを触ったことがない人は勘違いしやすいのですが、Live2Dのデザインをするために使用するソフトウェアの名前はCubismエディターとなっています。

Live2Dエディターという名称のエディターはありません。

今回は、そんなCubism Editorの導入方法からサンプルデータを動かすところまで解説していきます。

Cubism Editorトライアル版の導入手順

それでは早速Cubism Editorの導入を進めていきましょう。

Cubism Editorの有料版をいきなり購入する場合でもダウンロードするのは必ずトライアル版になります。

トライアル版インストール後、ライセンスキーを入力すると認証されたPRO版として使い続けることが可能です

ダウンロード方法

  1. STEP

    公式サイトにアクセス

    まずはLive2D公式サイトにアクセスしましょう

  2. STEP

    トライアル版ダウンロードをクリック

  3. STEP

    インストーラのダウンロード

    アクセスしたダウンロードページの下にインストーラーをダウンロードする項目があります。

    使用許諾契約に同意するにチェックを入れ、初めてダウンロードするを選択、メールアドレスを入力します。

    入力したらダウンロードボタンを押せるようになっているので、Windows版・Mac版のどちらかをダウンロードします。

    旧バージョンのダウンロードも可能ですが、旧バージョンだと試用期間が長くなるといった要素はありません。特別な理由がない限りは最新リリース版をダウンロードしましょう

これでCubism Editorのインストーラーのダウンロード完了です。

インストール手順

  1. STEP

    インストーラーを起動

    まずはダウンロードしたインストーラを起動し、セットアップウィザードを開始しましょう。

    Cubism Editorのセットアップウィザード
  2. STEP

    セットアップウィザードを進める

    次へを選択
    同意するを選択
    を選択
    ショートカットを作成したく場合は、デスクトップショートカットのチェックを外す
    インストール完了までしばらく待ちます。
    この画面が表示されたらインストール完了です
  3. STEP

    Cubism Editorの起動

    Cubism Editorをインストールすると、Live2D Cubism EditorのほかにLive2D Cubism Viewerがインストールされています。

    起動する方を間違えないようにしましょう。

    起動すると、ライセンスタイプなどの選択画面が表示されます。

    42日間PRO版の全機能を使ってみたい方は、PRO版の無料トライアルを開始を選択しましょう。

    42日経過後は自動的にFREE版に移行します。勝手に請求されることはありません。

    これでLive2DデザインをするためのCubism Editorの導入が完了しました。

    これからは、このCubism Editorを使ってアニメーションするイラストなどを制作することができます。

サンプルデータを動かしてみる

Cubism Editorのインストールが完了したら実際にサンプルデータを動かしてみましょう。

サンプルデータは下記ページからダウンロード可能です。

今回の解説では「ライス・グラスフィールド」のサンプルデータを使っています

Live2Dモデルデータはzip形式に圧縮されているので、一度解凍するようにしてください。

解凍したフォルダの中にあるファイル群がモデルデータに関わるリソースファイルです。

ダウンロードしたファイルのうち、cmo3ファイルをダブルクリックすることでモデルデータをエディターで開けます。

Cubism Editorのメニューファイルファイルを開くからでもモデルデータを開けます

モデルデータを開くと、このように詳細な情報が一覧表示されます。

とりあえず、今回は既に設定されているアニメーションの再生だけ試してみましょう。

サンプルデータはモデルデータだけでもアニメーションの再生が可能ですが、Live2Dモデルのアニメーションは別ファイルで管理されているのが一般的です。

今回のサンプルデータであれば、rice_pro_motions_t02.can3というcan3形式のファイルがアニメーションデータファイルとなります。

このアニメーションファイルをCubism Editorにドラッグアンドドロップして、プロジェクトに追加してみてください。

アニメーションの編集画面がアクティブになり、アニメーション用のタイムラインなどレイアウト構成が少し変化した状態になります。

この編集画面左側にあるシーンにアニメーションパターンが登録されています

サンプルデータでは4種類のアニメーションが設定済み

設定されているアニメーションを再生する場合はタイムラインの再生ボタンをクリックしてください。

クリックすると、シーンで選択されているアニメーションが再生されるようになります。

試しにほかの魔法1魔法2などを試してみてください。設定されているアニメーションがなめらかに再生されます。

 

ここまでが、Live2DエディターであるCubism Editorのダウンロード・インストール・サンプルデータを動かしてみるまでの流れです。

初めはわからないことばかりですが、初めて使ったのですからそれは当然です。Live2Dデザインをこれから上手くなっていきたいという方は、がむしゃらに試行錯誤するのではなく、参考書などを頼って効率よく勉強するといいでしょう。

【お得情報】10%OFF限定クーポン配布中

Cubism Editorを通常料金より10%安く購入することができる10%OFFクーポンを、キャンペーンページ限定で配布しています。

こちらはLive2D公式サイトから直接見つけることができない隠しキャンペーンページとなっているので、Cubism Editorの有料ライセンスを購入したい方は下記のリンクからアクセスして購入するといいでしょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: