キーボードを触る時とき、手首を下につける?つけない?

キーボードを長時間触っていると次第に疲れてきます。

できればキーボードを長時間触れるように疲れにくい姿勢を保ちたいとこですが、そこで気になるのが以下の疑問です。

  • キーボードを触るとき、手首をつける?つけない?

どっちでもいいのではないかと思うかもしれませんが、疲れにくい姿勢を考える場合ではとても重要です。

そこで、キーボードを触るとき手首を付けた方がいいのかつけない方がいいのか紹介します。

手首をつけるほうが良い

結論から言うと手首をつけた方がいいでしょう。

手首をデスクやテーブルにつけておくことで、腕を浮かした状態を自分の力で維持する必要がないため、疲れにくくなります。

「椅子に座っている」「空気椅子に座っている」のどちらが疲れにくいかと聞かれたら「椅子に座っているほうが疲れにくい」と答えますよね?

それと同じ理由で、キーボードを操作するときは手首をつけていた方がいいのです。

デスクが低すぎる場合

デスクの高さが低すぎて、どうしても手首や肘が全てが浮いてしまう方もいるでしょう。例えば以下のような状態です。

このような状態だとすぐに疲れがきてしまうでしょう。

デスクの高さが低すぎるのであれば高さを上げてしまえばいいという話ですが、デスクの高さを上げるということは、デスクそのものを買い替えなければいけないということでもあります。

昇降型であれば買い換えずに済みますが、ほとんどの方は高さをカンタンに変更できないデスクを使っているでしょうさすがにパソコンのためだけにデスクを買い換えるのは大変です。

組み立て作業や処分作業、不用品回収業者を使うとさらに費用がかかるでしょう。

そういう時はテーブル脚台がおすすめです。

テーブル脚台 – Amazonページ

使っているパソコンデスクの脚の下にこちらの脚台を置くことで、高さ調節機能が無いデスクでもデスクの高さを調整することができます。

一つにつき高さを5cm上げられますが、使っているデスクによってはデスクのそれぞれの脚に一つずつ置いても高さが足りないという場合もあるでしょう。

そういう方でも大丈夫なように2つ上に重ねられるようになっています。

4個以上重ねると不安定になりやすくなるので、重ねるのは最大でも3個にとどめておきましょう。

U