【WordPress】投稿に有効期限を設定し、期限が過ぎたら自動で非公開にする

期間限定キャンペーン用に用意した記事など、一定期間過ぎたら非公開にする記事を扱っているサイトもあるでしょう。

そういう一定期間中のみ後悔する記事を手作業で非公開にするのは非常に面倒です。「○月○日○時まで公開」といった記事だと、非公開にする時間に必ずWordPressを開いて待機しておかなければなりません。

ですがWordPressプラグイン「Post Expirator」を使って投稿に有効期限を追加することで、期限が過ぎたら自動的に非公開にすることが可能です。

今回は「Post Expirator」を使って投稿に有効期限を設定する方法を紹介します。

「Post Expirator」の導入方法

Post ExpiratorはWordPress 管理画面のプラグイン追加から導入できます。

インストールして有効化してください。有効化したら投稿編集画面にゆうこりんを設定する項目が追加されます。

Post Expiratorの使い方

有効期限を設定する

Post Expiratorでの有効期限設定は投稿編集画面に追加された「Post Expirator」から行えます。

クラシックエディターの場合
Gutenbergの場合

こちらのパネルの[投稿の有効期限を設定する]をクリックすることで有効期限の設定ができるようになります。

設定する有効期限とは別で有効期限が過ぎた後の動作も設定します。

記事を下書きに戻す・非公開にするといった一般的な動作からカテゴリーの変更など少し変わった動作も設定することが出来ます。

例えば投稿から1年が過ぎた記事はアーカイブ用のカテゴリーにまとめたりすることが可能です。

分単位で細かく設定することができるので、一定期間過ぎたら非公開にしたい・カテゴリーを変更したいという場合はPost Expiratorを使うといいでしょう。

カテゴリー:
関連記事