宝くじ1枚あたりの金額と当選金額の期待値・1枚あたりはいくら?の当選金額

宝くじは種類によって1枚あたりの値段が異なります。普段はナンバーズを買っているけど、気分を変えてジャンボ宝くじを買おうとしたら難波何も高くて驚いたっていう方もいるでしょう。

宝くじは当選金額や当選確率も違えば1枚の値段も変わってきます。今回は宝くじ1枚の値段や宝くじごとの期待値などを紹介していきます。

宝くじの価格の種類

宝くじは大きく分けて以下の種類があります。

宝くじの種類
  • ジャンボ宝くじ
  • ナンバーズ4
  • ナンバーズ3
  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • ビンゴ5
  • スクラッチ
  • 通常宝くじ・普通くじ

通常宝くじ・普通くじは、宝くじ発売〇〇年記念など、ほかの宝くじに当てはまらない宝くじのことです。

ジャンボ宝くじ

ジャンボ宝くじは種類を問わずすべて1枚300円です。

ナンバーズ4・ナンバーズ3

ナンバーズ4・ナンバーズ3は1枚あたり1口につき200円となっています。1枚で複数口申し込む場合は口数×200円となります。

ロト7

最高当選金額7億円のロト7は1枚200円で購入できます。理論上たったの200円で7億円獲得できる可能性がある夢のある宝くじです。

ロト6

ロト6はキャリーオーバーで最大6億円20当選金額が膨れ上がる宝くじです。こちらもロト7と同じく1枚200円で購入可能です。

ミニロト

当選確率が高い代わりに1等の当選金が約1,000万円のミニロトは200円で購入できます。

ビンゴ5

ビンゴ5は1枚200円で購入可能。ビンゴ5は一番低い等級の当選確率が14.5%もあるため、結構な確率で当選します。

スクラッチ

スクラッチは行われているスクラッチの種類によって金額が異なります。価格幅はだいたい100円~300円で、1枚の価格が高いスクラッチほど当選金額も高くなります。

通常宝くじ

ここまで紹介した宝くじ以外の全ての宝くじである通常宝くじは宝くじの種類によって金額が異なります。安いもので100円、高いものだと1枚500円もしますが、当然ながら1枚の価格が高ければ高いほど当選したときの当選金額も高くなっていきます。

理論上の平均当選金額

宝くじの当選確率・当選金額・1枚の値段から計算し、1枚あたりの理論上の当選金額を計算してみました。

例えば1%の確率で1等1万円当たり、9%の確率で2等1000円当選、残りの90%はハズレとする場合の理論上の当選金額の計算は以下のようになります。

10,000 × 1% + 1,000 × 10% + 0 × 90% = 200

この場合だと1枚あたり200円のプラスという計算になります。

もちろん理論上の計算なので、10枚買って1等1枚ほか9枚は外れだった場合の1枚あたりの獲得金額は1,000円になります。

安定志向で宝くじを購入する場合、理論上の1枚あたりの獲得当選金額が高いほど損しづらいということになります。

各宝くじの理論上の当選金額は以下の通り

 当選金額(1枚あたり)還元率
ジャンボ宝くじ(年末)147.5円49%
ジャンボミニ宝くじ(年末)149円50%
ナンバーズ4(ストレート)90円45%
ナンバーズ4(ボックス)90円45%
ナンバーズ4(セット)91.5円46%
ナンバーズ3(ストレート)90円45%
ナンバーズ3(ボックス)90円45%
ナンバーズ3(セット)90円45%
ナンバーズ(ミニ)90円45%
ロト7133.5円67%
ロト689.9円45%
ミニロト89.86円45%
ビンゴ590円45%

このデータを見ると理論上一番損しづらいのはロト7です。ロト7は1等の当選金額が確率に対して極めて高いため還元率がずば抜けて高いものとなっています。

ほかの宝くじの還元率はだいたい45~50%程度となっています。

興味深いのがナンバーズのストレートとボックス両方狙えるセットの理論上の金額とストレート・ボックスの理論上の金額が同じということです。トータルで見るとどの方法で購入したとしても還元率は同じなため、長期的に購入するなら、購入方法はなんでもいいということになります。

ナンバーズ3とナンバーズ4で還元率に差がないことも面白いデータです。

好きな宝くじを買おう!

当選金額の期待値データを見て気づいたと思いますが、1等の当選金額が大きい小さいに関係なく、宝くじの還元率はロト7を除けばほとんど差がありません。

どの宝くじが当たりやすいかどうかということを考える人も多いかと思いますが、トータルで見るとどの宝くじも差がないため好きな宝くじを購入するといいでしょう。

ナンバーズが好きならナンバーズ、超高額当選を夢見てロト7というように好きな宝くじを選んで楽しむのがおすすめです。

期待値が変わらないのであれば出来るだけ枚数を多く買える宝くじを選びたいなら1枚100円で購入できるスクラッチや通常宝くじを購入するといいでしょう。

カテゴリー:
関連記事