アドセンスのクリック単価が10円以下になってしまう原因は?対策方法

Google AdSense の広告のクリック平均単価はだいたい平均して30円くらいです。ですが30円どころか1クリックあたり10円くらいしかないと悩んでいる方もイルのではないでしょうか?

Google アドセンスの広告クリック単価は様々な要因で変動し、場合によっては意図的にクリック単価が下げられていることもあります。

そこでこの記事では、Google アドセンスの広告クリック単価なぜ極端に安くなってしまうのか、どうすれば改善することができるのか解説します。

Google アドセンスのクリック単価が安くなる原因

それでは Google アドセンスのクリック単価が安くなってしまう原因は一体何なのか解説します。

広告単価が安いジャンルを扱っている

Google アドセンスはジャンルによって広告単価が大きく異なります。アドセンスの広告クリック平均単価は30円程度と言われていますが、これは全ジャンル平均すると1クリック30円程度というだけであり、ジャンルによっては1クリック数円しかないことも珍しくありません。

特に安くなりがちなのが、ソフトウェアのダウンロード関係です。最近は少なくなりましたが「〇〇をダウンロード」というような広告は広告単価が非常に低く、1クリック数円にしかならないことが多いです。

Google アドセンスはアフィリエイトと違ってどのジャンルでも稼ぐことができるというメリットはありますが、どれだけ稼げるかについてはジャンルによって大きく異なるので注意が必要です。

誤クリックが発生しやすい場所に広告を設置している

Google AdSense は誤クリックが多いと広告クリック単価を強制的に下げることがあります。

誤クリックは広告を出稿している広告主にとってマイナスでしかないため、そのような誤クリックを発生させているサイトにはペナルティ的な意味合いでクリック単価を大幅に下げることがあるのです。

クリック数がそれなりにあるにも関わらず1クリックあたり1円しか発生していない場合などは誤クリックでペナルティを受けている可能性があります。

ペナルティに関しては一切通知されないので解除されるまで待つしかありません。

Google アドセンスのクリック単価を上げる方法

Google アドセンスのクリック単価安いままでは稼ごうと思ってもなかなか稼ぐことができません。そこでGoogle アドセンスのクリック単価を上げる方法についていくつか紹介します

誤クリックが起きにくい場所に設置する

ダウンロードリンクの近くなど誤クリック発生しやすい場所に設置するとクリック数は増えますが、クリックの品質が低下しやすいため結果的にアドセンスのクリック単価が下がってしまうことがあります。

ですので出来る限り誤クリックが起きにくい場所に設置するようにしましょう。

誤クリックが起きにくい場所
  • サイドバー
  • 記事下

アドセンス広告の上に「スポンサーリンク」のテキストを入れることも有効です。

誤クリックを減らして価値のあるクリックを増やすようにすれば、広告単価も上がっていく可能性があります。

広告単価が高いジャンルの記事を書く

Google アドセンスの広告単価はジャンルによって大きく異なります。

特に高くなりがちなのが、金融ジャンルや転職ジャンルといったアフィリエイトでも単価が高いジャンルです。

広告単価が高いジャンルの記事でアクセスを集められるようになると、1クリック100円超えもどんどんでてくるためうまくいけは大きく稼ぐことができます。

ただし広告単価が高いジャンルというのは魅力的で参入者が非常に多いため、たくさんの競合から勝ち抜く必要があります。しっかりとSEOなどのスキルを習得して検索順位を上げるテクニックを駆使しないとどれだけ頑張ってもアクセスが増えないまま時間だけが過ぎてしまいます。

Google AdSenseはサイトへのアクセスがあってなんぼの広告なので、まずはサイトアクセス数(PV数)をたくさん増やしていくようにしましょう。

広告クリック後のアクションを起きやすい記事を書く

言葉で言うのは簡単ですが実践するの驚くほど難しいです。

Google アドセンスはクリックされた後の行動もトラッキングされていることがあるのですが、その行動が広告主にとってプラスの行動を行っていると広告の平均単価も上がっていく傾向にあります。

広告をクリックされた後すぐに離脱されてしまうと意味がほとんどなかったトリックとしてカウントされてしまう(広告クリックの質が低い)ためクリック単価を下げられてしまうことがあるのですが、その反対にクリックしてサイトを移動した後に、移動先のサイトを回遊することでもあればクリックの質が高いと判断されて広告単価が上がる可能性があります。

クリック単価が下がる時期はしょうがないと思っておく

クリック単価は広告主がどれだけ広告にお金をかけているかに大きく影響されます。

もちろん広告主も考えた上で広告を出すため、広告がたくさん出稿される時とされない時期がでてきます。例えば12月に需要が集中するカニは夏場など需要が少ない時期だと広告数も少なくなるためカニ関係の広告のクリック単価も下がります。

そういった時期はそもそもの広告単価が安くなってしまっているのでどうしようもありません。季節性のあるジャンルにこの傾向が強いので、あまり需要がない時期は広告単価が下がると思っておくと、いざアドセンスのクリック単価が大きく下がったとしてもあまり焦らず冷静に対処できるようになります。

クリック単価が上がりやすい時期
  • 3月、6月、9月、12月
  • 季節に左右されるジャンルのピークの月

クリック単価は未消化の広告費を使い切る必要が出てくる各四半期の末月です。四半期末というのは決算時期でもあるため、広告費を使い切る目的に限らず少しでも売上を伸ばしたいという思惑で使われる広告費が多くなる傾向にあります。

その恩恵はもちろんGoogle アドセンスでも受けることができ、四半期の末月というのはアドセンスのクリック単価が高くなる傾向にあります。

その反対に四半期が始まったばかりの4月、7月、10月、1月は広告費が抑えられる傾向にあるため、急激にクリック単価が下がります。

特に年明けの1月と決算が集中する3月の翌月である4月はクリック単価の下落が顕著です。

この時期はサイトの記事の黒字かどうというのは関係なくクリック単価が大きく下がってしまうのでこの時期にクリック単価が10円程度になってしまう場合は、広告が増えてクリック単価が上がるのを待つと良いでしょう。

アドセンスでさらに稼げるようになるには?

手っ取り早い話を言うとAdSense に特化したテクニックを習得することです。

よく間違えられやすいのですが、アフィリエイトで役立つテクニックと AdSense で役立つテクニックはやや異なります。

アフィリエイトは商品紹介がメインですが、アドセンスは別に商品紹介しなくても広告のクリックだけで稼ぐことができます。この2点の違いを理解しておかないとアドセンスで効率よく稼ぐことができず。ページRPMやCTRが低い状態が続いてしまうでしょう。

アドセンスメインのサイトで役立つテクニックはアフィリエイトとは異なってくるので、アドセンスメインのサイトの運用方法についてあまりテクニックを持っていないという方はGoogle AdSense マネタイズの教科書[完全版]を一冊用意しておくことをおすすめします。

ブロガー・アフィリエイターの間ではのんくら本と言われている人気の参考書で、アドセンスメインのサイトを運用している方であればぜひ読んでおきたい一冊です。

当サイトもアドセンスメインの記事が多いため、コチラの書籍のテクニックを活用しています。

良書であることに違いはないので、まだ読んだことがないという方は一度読んでみることをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: