【初心者でもカンタン】WordPressにPDFを埋め込む方法

WordPress 画像を投稿編集画面にドラッグ&ドロップするだけで埋め込んで表示することができます。

ですが、参考資料などPDFを記事に埋め込みたいときがでてくるときがあるでしょう。

PDFは画像と違って、WordPress標準機能では埋め込むことが出来ず、メディアアップロード画面からアップロードして挿入しても、そのPDFのリンクしか挿入することが出来ません。

ですが、あくまでWordPress標準機能で埋め込むことが出来ないだけであり、プラグインを使えばカンタンにPDFの埋め込みに対応させることが出来ます。

PDF埋め込み機能を追加できるプラグインはたくさんありますが、中でもオススメなのは「PDF Embeder」というプラグインです。今回はこのプラグインを使った方法を紹介します。

PDF Embedderを使ってPDFを埋め込む方法

  1. STEP

    PDF Embedderのインストール

    WordPress管理画面からインストールできます。

    PDF Embederと検索してインストール・有効化しましょう。

  2. STEP

    PDFを埋め込む

    クラシックエディターとGutenbergではやり方が少し違います。それぞれ見ていきましょう。

    クラシックエディターの場合

    PDF EmbedderをインストールしたらPDFをアップロードしましょう。

    アップロードする際は上記のメディアアップロード画面からアップロードしてください。画像なら直接ドラッグアンドドロップするだけで挿入できますが、PDFは認識されないためコチラからアップロードする必要があります。

    アップロードしたら画像を挿入するときのように[投稿に挿入]を押して記事に挿入しましょう。

    PDF Embedderを有効化している場合、PDF埋め込み用ショートコードが挿入されます。この状態で記事をプレビューしてみてください。

    PDFが埋め込まれたはずです。

    Gutenbergの場合

    Gutenbergの場合は専用のブロックが用意されています。

    まずはPDF Embedderのブロックを追加してください。

    追加したら[Clik here to Open Media Library to select PDF]をクリックし、PDFをアップロード・選択します。

    挿入したら下記のようにPDFファイルのURLがブロックに表示されます。

    この状態でプレビューして公開ページを確認してみてください。

    埋め込みエリアのサイズはPDFが大きいと埋め込みエリアも大きくなってしまうので、その場合はブロックの設定から幅と高さを設定するようにしてください。

コピーコンテンツとして扱われたくないけど、PDF資料を記事に表示したいといった場合はPDF Embedderを使って埋め込むようにしてください。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: