中国で安定して使えるVPNはごくわずか!中国対応のオススメVPN

中国は世界で最もインターネット検閲が厳しい国として有名です。そのため日本では当たり前に使えたアプリやサービスが中国国内からだと全く利用できないということが普通です。

そういった検閲を回避するためにVPNを利用することが一般的になってきていますが、有料VPNですら規制がかかって使えなくなっている事例が増えてきています。

そこで今回は、

  • なぜ中国で使えるVPNが少ないのか
  • 中国で使えるVPNは何がある?

といったことを解説していきます。

中国で使えるVPNが少ない理由

中国はグレートファイアウォールによる厳しい検閲がある

中国のインターネットが厳しくなっている一番の理由がグレートファイアウォールによる大規模な検閲です。

中国は情報統制が行われており、中国にとって不利益・不愉快・都合が悪い情報は一切検索できないようになっています。例えば日本では当たり前に使われているGoogleやTwitter・Facebookといったサービスは中国国内から使うことができません。

使えないサービス例
  • Goolgle関連サービスすべて
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Discord
  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • Amazon

などなど。日本では当たり前に使えるサービスを中国国内では使うことが出来ません。

これはあくまでごく一部であり、中国産アプリやサービス以外のほとんどはグレートファイアウォールによってブロックされています。

VPNも厳しく制限されている

VPNは中国のグレートファイアウォールを回避する手段の一つです。ですが、グレートファイアウォールを回避できるVPNを中国当局が放置するわけがありません。

VPNサービスの多くがグレーとファイアーウォールによって規制され、中国国内では使えないようになっています。

初めは中国でも利用できるVPNとして宣伝されていたVPNも、今ではグレートファイアウォールによって中国から使えないようになっているVPNがたくさんあります。

中国で使えないVPN

アバストセキュアライン VPN

アバストセキュアライン VPNは中国で利用できる VPN のひとつでしたが、随分前に中国ではブロックされて使えない状態になっています。

VPNとしては優秀なアバストセキュアライン VPNですが、中国本土では使うことができません。VPNがあれば中国でも問題なくインターネットを利用できると思ってアバストセキュアライン VPN を購入しておいたものの、いざ中国に行った際に使いたかったサービスが使えないといった問題に悩まされることになります。

グレートファイアウォールが展開されていない香港・マカオでは使用可能。

カスペルスキーセキュアコネクション

カスペルスキーセキュアコネクションもアバストセキュアライン VPNと同様の理由で、グレートファイアウォールによってブロックされて使えないようになっています。

ただし、こちらもグレートファイアウォールの影響を受けているだけであるため、グレートファイアウォールによる検閲がない香港・マカオでは利用可能です。

ホープムーンVPN

業界最安値で人気があったホープムーンVPNですが、現在は中国で使えなくなっています。

公式サイトでは中国からでもアクセスできると謳っているようですが、少なくとも一回は確実にブロックされたVPNサービスであるため、繋がるとしても非常に不安定か一定時間経ったらすぐに繋がらなくなるといった問題が発生する可能性があります。

ExpressVPN(繋がりにくい)

ExpressVPNは世界中で使われている人気あるVPNの一つです。今もなお中国で使えるVPNとして人気がありますが、最近は政治情勢やコロナ禍の影響もあるからかExpressVPNもかなり繋がりにくい状態になっているようです

無料であればつながらないなら即変更といけますが、有料VPNなので選ぶ際は慎重になった方がいいかもしれません。

ほかにも多くのVPNが中国で使えなくなった・そもそも中国に対応していないというものがほとんどであり、「VPNを使えば中国からでもGoogleやTwitterなどを利用できる」というわけではないので注意してください。

今でも中国で使えるオススメのVPN

今現在、中国で利用できるVPNの種類はかなり限られています。そんな中、中国からでも利用できるVPNについて紹介していきます。

セカイVPN

セカイVPNは今でも中国で利用できる VPN として人気です。日本の企業が提供している VPN であり信頼性はピカイチです。海外製のサービスはどうしても不安があって躊躇ってしまうという方でも安心です。

中国の上海在住の方など、実際にセカイVPNを使っている方も問題なく使えているということをTwitterなどで紹介してくれています。

中国からでは使えないはずのTwitterに投稿できているということも大きなポイントです。

最大2ヶ月無料・最低利用期間無しなので、無料期間を使ってどれくらい安定して接続できるのか試してみるのもいいでしょう。

BlueSurface

BlueSurfaceも中国から利用できるVPNサービスの一つです。日本語に完全対応しているソフトウェアであるため、英語がわからないという方でも安心です。

BlueSurfaceで選択できるVPNサーバーは香港と日本の2種類12台のサーバーですが、日本は検閲が緩い国第7位に位置するくらい検閲がほとんどないため、日本のVPNサーバーに接続できれば中国からでもほぼすべてのサービスやサイトを利用できます。

日本は違法な漫画村などの極めて悪質サイトが稀に検閲対象になる程度です。少なくとも日本にいるときに使っていたサービスやアプリなどは全て利用可能です。

Windows/Mac/iPhone・iPad/Android全てで利用できるほか、1つのアカウントで制限なくすべてのデバイスで同時に利用できるため、中国での利用に限らずVPNが必要な方におすすめできるVPNの一つです。

中国に旅行する際はVPN必須

中国の上海など中国に旅行や出張で行く際はVPNアプリを導入しておきましょう。

導入しておかないといざ中国現地についたあとほとんどのアプリが使えない状態なっており、手持ちのスマートフォンが役に立たないことがあります。

WeChatなど中国でも使えるアプリを時点で導入して準備を済ませていたら大丈夫ですが、そうでない場合はVPNアプリの導入を忘れないようにしてください。

一番安定しているのはBlueSurface

中国で一番安定しているVPNはBlueSurfaceです。

BlueSurfaceは実に言うとVPNではなく独自機能を使ってグレートファイアウォールによる検閲を回避することができています。

VPNであれば「VPNで使われているIPアドレスが特定される→ブロックされて使えなくなる」という問題がありましたが、BlueSurfaceはVPNではないためそのような問題に巻き込まれることがありません。

短期滞在者向けの8日間プラン(420円)・15日間プラン(740円)も提供されているため、中国に行くときだけBlueSurfaceを使いたいという方に最適です。

VPNは基本的に30日・1ヶ月ごとの更新ですが、BlueSurfaceは唯一短期利用向けのプランが用意されているため、中国の検閲を回避するためにちょっとだけ利用したいという方はBlueSurface一択でしょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: